【mini NEWS】フイセン代理人「我々はバルサでもバイエルンでもなくユベントスを選んだ。セリエAはディフェンダーが成長するには理想的な環境である」

 

【Alex Santisteban】

「ジョルディ・クライフがまだバルセロナのスポーツ・ディレクターだった時、彼はディーンに興味を持って個人的に動いていました。

しかし、私たちはバルセロナやバイエルン・ミュンヘンではなくユベントスを選びました。その理由は2つあります。まず、ユベントスの明快さに関係しています。彼らは選手の将来について、様々な角度から分析した上で計画を立てており、ディーンのために段階的にすべてのことを考えていました。

ユベントスはフイセンのためのプロジェクトを持っており、私たちはすぐにそのプロジェクトに夢中になりました。

そして、その少年はイタリアのチャンピオンシップで競いたいと思っており、技術と戦術を発展させたいと考えています。セリエAはディフェンダーが成長するには理想的な環境だといえます。

 

 

フイセンはまだ18歳の小僧にも関わらず、アウェイのミラン戦でトップチーム初出場を果たし、そして一切の臆する姿を見せずに堂々とプレーしたことからも、大器であることが分かります。まぁ、あのヒロシが起用するくらいですから。

バルサやバイエルンといったメガクラブが注目していることからも、フイセンの実力が折り紙付きであることを証明していますが、ユベントスとしてはフイセンに長く在籍してもらう為にも、小僧が成長できる環境を構築することも重要。

まずはラガーやオジーロといったトップディフェンダーとトレーニングを共にすることで、スキルを向上させること。そして出場機会を増やして経験値を高めること。最後に芸人系選手たちから悪い影響を受けないように守ること。

この辺のことを意識すれば、フイセンはユベントスの中心選手として成長を果たすのではないかと考えます。

 

ちなみにフイセンの愛称について「田中卓志」を本線に考えているのですが、いかがでしょうか?ジャンガジャンガジャンガジャンガ。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...