エラス・ヴェローナ戦 アッレグリ前日会見まとめ

 

 

 

 

【アッレグリ】

明日の試合には落とし穴がたくさんあります。

ヴェローナは良いスタートを切りました。フィジカルの強さもあり、試合ではそれを前面に出してきます。日曜のミラン戦の勝利に意味を持たせるためには、結果を出さなければなりません。

スクデットという言葉から逃げたい人はいません。フットボールは一瞬の積み重ねであり、常に現実的になる必要があります。

我々はうまくやっており、改善するためにはもっと良くする必要があります。

我々の目標は来年チャンピオンズリーグでプレーすることです。それを明確にしなければなりません。

我々は問題ありません。キエーザは今週よく頑張ってくれました。ヴラホヴィッチのコンディションは上々ですが、彼らが先発するかどうかはまだ決めていません。

個人レベルの話でも、明日は危険な試合だということを覚えておかなければなりませんし、彼らとマッチアップすることは、危険にさらされるということを意味します。

ニコルッシ・カビリアはディフェンスの前でプレーすることが多いと思いますが、彼は知的な少年で、さまざまな役割を演じることができます。彼がチャンスを掴む日は必ず来るでしょう。

サッスオーロの前日と似ている?状況は異なりますが、ファンの協力は不可欠であり、勝ち点3が必要です。

ノンジェは非常に若い選手で、サッカーのやり方をとてもよく知っています。しかし、多くの面で成長する必要があります。

サン・シーロの最後の部分に関しては、我々はビデオで試合を見直し、選手たちと話し合いました。バランスと各々の役割が問題でした。

エラス・ヴェローナ戦はモチベーションの面で準備がより難しい試合となり、表面的になってはいけません。明日はチームが成長する上で重要なステップとなります。ここから更に調子を上げてくると期待しています。

マッケニーは明日のようなフィジカルな試合では存在感を示すことになるでしょう。彼は非常に調子が良く、これからも更に調子を上げてくると期待しています。

エラス・ヴェローナは我々を優勝候補として考えているだろうか?我々はユベントスであり、それは当然のことです。我々は自分たちの限界を知っているし、それが強みになるはずです。

相手を同等であると見るかどうかはリスペクトの問題です。トップ4に入るためには、上位対決とはみなされない試合勝たなければなりません。

リスペクトがなければ、人生は複雑になります。リスペクトがあれば、勝つ確率は高くなります。

昨シーズンと今シーズンでは、我々は2つの異なるグループですが、同じ目的を持っています。私たちは自分たちのグループから最高のものを引き出さなければなりません。

左サイドについて?まだ誰を起用するか決めていませんが、イリング・ジュニオールもとても元気です。

 

(アッレグリ前日会見ここまで)


 

 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

現在、エラス・ヴェローナは2勝2分5敗の勝ち点8で16位に沈んでいますが、シーズンはまだまだ序盤であり、全く油断をするタイミングでは無し。

って優香、いきなり勝ち点10を剥奪されたり、いきなり選手が出場停止処分を喰らったり、いきなり味方選手が自軍ゴールにタイガーショットを喰らわせて来たりするので、一切の油断は許されません。

明日はキンタとキー坊のキャンタマンズが揃う可能性もあり、我々ファンの期待も高まりますが、揉さんのスタメン出場が濃厚。それが良い緊張感を生み、チーム全体として気を引き締めて試合に臨んで頂きたいと存じます。

ただ、そろそろラガーのノックオンが心配なタイミングでもありますが…。

 

 


 

【stand.fmでラジオ再開しました!】


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...