【Miniニュース】ユベントス退団が発表されたクアドラード、インテル加入が目前か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

移籍市場での混沌とした一週間を締めくくるために、インテルはフアン・クアドラードとの契約に近づいていると報じられています。

コロンビア人選手は先月、クラブが契約更新を拒否したためユベントスを去ることになりました。

彼はトリノで8年間を過ごし、アリアンツ・スタジアムの観衆の間で人気者でした。

しかし、オールド・レディの宿敵への加入を選択した場合、トリノでの彼の評判は確実に傷つくことになると予想されます。

イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、クアドラードはインテルと1年契約を結ぶことで、両当事者は合意に達したと伝えられています。

したがって35歳の彼は、前シーズンをジュゼッペ・メアッツァにローン移籍していた、ラウル・ベラノーバの後任となると見られています。

クアドラードはシモーネ・インザーギ監督の3-5-2フォーメーションの右サイドで、デンゼル・ドゥンフリースの代役を務めることになります。

コロンビア人ウィンガーは、キャリアの大半をイタリアのサッカーに費やしました。

過去にはウディネーゼ、レッチェ、フィオレンティーナに所属し、チェルシーでの短期間の失敗を経て、彼はユーベの門を通ってイタリア半島に戻りました。

興味深いことに、クアドラードにはインテル戦で重要なゴールを決める才能がありました。

前回のネラッズーリとの一戦では、サミール・ハンダノビッチとロメル・ルカク(皮肉にもユベントスに移籍する可能性が出ている)をフィーチャーした試合後の醜い騒動に参加したとして、レッドカードを受けています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

【編集長ミツひと言】

とりあえず、75000人を収容するサン・シーロにおいて、クアマンがどごまで宇宙開発するかに注目したいと思います。

3階席くらいまではブッ放して欲しいですね。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...