OBガルデリジ氏「ベラルディ獲得はユベントスを強固にする。しかしプレースタイルの変更を強いられる事になるだろう」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

元ユベントス選手のジュゼッペ・ガルデリジ氏は、ドメニコ・ベラルディに対するクラブの関心についてコメントし、ベラルディをチームに受け入れるにはプレースタイルの変更が必要になる可能性があると主張しました。

ベラルディは数シーズンにわたってユベントスのターゲットとなっており、最近の報道では夏の移籍市場で移籍が示唆されていました。

その時は移籍は実現しなかったものの、来る1月の移籍市場で移籍するのではないかと憶測が続いています。

ガルデリジ氏は、ベラルディとフェデリコ・キエーザの両選手が3人攻撃のセットアップで優れていることを強調していますが、ユベントスは現在、キエーザやドゥシャン・ブラホヴィッチのような選手をフィーチャーし、2人のウイングバックと2人のアタッカーという異なる戦術的アプローチを採用しています。

ベラルディの好む役割はさらに前方であり、ウイングバックとしてプレーすることは彼が得意とする攻撃的なポジションから離れてしまうため、適さないと予想されています。

ユベントスがベラルディ獲得を目指す場合、ベラルディの能力を発揮させるために戦術を適応させる必要があります。

噂が続く中、TuttoJUVEが引用したように、ガルデリジ氏は次のように語りました。

「ベラルディは信じられないことをやり遂げています。彼は自分のプレースタイルを貫き、変化をもたらし、好調を保っています。」

「ベラルディが加われば、ユベントスはプレースタイルを変えなければならなくなりますが、キープレーヤーが増えると考えれば、それは大きな問題ではないでしょう。」

「ベラルディ加入がスクデット獲得に結びつくとは言えませんが、トップ4入りが義務となるユベントスには大きな力になることは間違いありません。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ユベントス戦に続き、インテル戦でもゴールを決めて、今シーズン通算ゴール数を4まで伸ばしたベラルディ。

開幕前にユベントス移籍が取り沙汰されていたことから、ファンの間からも「獲得しておけば良かった」「冬にチャレンジして欲しい」「3-5-2では使う場所がない」「加入したらデ・シリオとのポジション争いは必至ですね。いや、ユッティごときが敵う相手ではありません。」など、様々な意見が挙がっており、まずは冬のマーケットにおいてユベントスがどんな動きを見せるかに注目が集まります。

そんな中、編集長の意見としては「やっぱり3-5-2では、ベラルディの本領を発揮できるポジションがないので、無理に獲らなくてもいいのでは」。

ぶっちゃけ年齢も29歳なので、その辺を鑑みても、慎重な判断が必要だと考えている次第であります。

 

ちなみに、「ベラルディ加入となれば、微妙にポジションが被るデ・シリオの出場機会が減るので獲得に反対している」ってございませんので、お間違えのないようお願い致します。

重ねてになりますが、ユッティごときがベラルディとポジションを争えるとも思ってませんので。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...