【投票コーナー】(移籍金8000万ユーロの男)ユベントスのエース、ヴラホヴィッチの働きには満足?それとも不満?

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスは、数多くの卓越したワールドクラスの選手を擁する名高い歴史を誇っており、それぞれがその輝きと安定したパフォーマンスでフィールドを輝かせてきました。

しかし、この伝統の中で、選手たちがユーベの信奉者の一派から称賛されながらも、目の前に設定された高い期待に届かなかった例もあります。

これらの人物の中で、すぐに思い浮かぶのはクリスティアーノ・ロナウドとポール・ポグバであり、記念碑的な任務を任された間違いなくワールドクラスの才能です。

ロナウドは、クラブに悲願であるチャンピオンズリーグのトロフィーを獲得することを任されていましたが、残念ながらその目標は達成できませんでした。

一方、ポグバのユベントス復帰はドーピング疑惑の失望によって、台無しになる寸前のところまで来ています。

不思議なことに、これらの選手やそのサポーターにわずかでも批判の影を落とす記事や議論は、熱心な擁護者からの熱烈な反応を引き起こすことがよくあります。このパターンはドゥシャン・ヴラホヴィッチのケースで再び現れているようです。

誤解のないように先にお伝えすると、私はセルビア人アタッカーの支持者ではなく、私の観点から見ると、彼に課せられた高い期待に応えることができていません。

ヴラホヴィッチの加入以来全公式戦で21ゴールという記録は期待通りとは言えず、アシストやチャンスメイクの面でも関与が欠けていることが示されています。

彼の存在は試合中に忘れ去られることが多く、ユベントスのような名門クラブにとっては受け入れがたい事実であります。

マックス・アッレグリ監督の戦術選択やチームメイトの精彩を欠いたパフォーマンスが、ヴラホヴィッチの成功を妨げていると主張する人もいるかもしれません。

しかし、真のワールドクラスのストライカーには、どんな状況であっても安定したパフォーマンスを発揮することが求められます。

説得力のある例は、トッテナムの苦戦にもかかわらず、昨シーズン30ゴール以上を記録したハリー・ケインです。これは世界クラスのストライカーの本質を体現しています。彼らは逆境を乗り越え、最も重要なときに結果を出しています。

私の評価では、ヴラホヴィッチは良い選手ではあるものの、ユベントスはそれ以上のものを必要・期待しています。

しかし残念ながら、彼はクラブが本当に必要とする選手ではないのではないかと危惧されています。

この見解を表明すると、偏見や無能に対する反発や非難を引き起こす可能性が高く、これは特定のプレーヤーへの盲目的な忠誠を強調する現象であります。

この揺るぎない献身は、選手の成績や貢献度に関係なく、カルトのようなファンにたとえることができます。

つまり、成績不振や正当な批判に直面しても、揺るぎないサポートを続ける粘り強い取り組みです。

しかし、私の忠誠はユベントスにとって最善の利益であると信じているものであり、私の客観的な判断では、ヴラホヴィッチはそれらの利益に貢献していません。

そうは言っても、私はヴラホヴィッチが私の間違いを証明して、クラブのために貢献してくれたらこれ以上ない喜びですが、私はそれが起こるとは思えません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

JuveFC.comのライターであるMARTINさんという方が書いた記事なのですが、なかなか厳しい内容で編集長もビックラポンでした。

そのキンタについて、今シーズン場4ゴールをすでに挙げているものの、獲得した際の多額の移籍金(ボーナス込みで8000万ユーロ)と年俸(700万ユーロ)を鑑みると、確かに「物足りない」という見方があっても不思議では無し。

そしてそういう時は「みんなの意見を聞く」だと相場は決まっておりますので、投票やりましょう、投票!

 

 

って事で早速ですがーーー

 

 

 

ヴラホヴィッチには満足?それとも不満?

 

 

 

Let’s 投票! 

ヴラホビッチの働きには満足?それとも不満?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...

(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...