【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ドーピングが疑われるポグバ、逆分析の結果次第では司法取引を提案か!



 

 

 

 

【JuveFC.com】

ポール・ポグバは、問題となっているサンプルの逆分析を要求することで、薬物検査の不合格に対処するための措置を講じています。

この逆分析の結果は、彼が出場停止処分を受けるかどうかを決定する上で重要な要素となります。

ユベントスはこの問題を解決するために、ポグバや関連当局と積極的に協力していますが、結果が最初のテストと一致した場合、最大4年間の出場停止処分を受けるリスクが残っています。

2回目の分析で最初と同じ結果となった場合、ポグバはその物質がどのようにして自分の体内に侵入したかを説明する必要があります。

当局を説得する能力は彼の処罰の重さを決定する上で極めて重要となるものの、好ましい結果が保証されるわけではありません。

TuttoJUVEの報道によると、最長4年の出場停止処分は事実上プロキャリアに終止符を打つ可能性があるため、ポグバは1年以下の懲役を受けることで、出場停止期間を短くすることも検討しているようです。

フランス人選手は、当局と司法取引に至る可能性を模索する姿勢も示しています。

この状況の解決には時間がかかることが予想されており、この物語が展開する中でポグバは、間違いなく有利な判決を手にしたいと考えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

とりあえず2回目のテストを受けて、その結果が出ないと何とも言えないので、編集長も何とも言いいません。

まぁ、あえて言うのであれば「何も決まったことはないんだから、現時点でポグバのことを非難する必要はない」でしょうか。

何も分かっていない、何も決まっていない中、憶測だけで避難するには、あまりにも大きな出来事だと捉えています。さすがにね。

ちなみに昨日は仕事が休みで、炎天下の中で家の周りの草むしりを4時間かけてやったのですが、仕事から帰って来た嫁が労いの言葉もなく、「あんまりキレイになってないじゃん」と口にした件の方が編集長としては大事になりますので、もしかしたら近いうちにピコ太郎をイジるかもしれません。

とりあえず、草むしりが終わった後に、庭に除草剤をぶちまけてやりました。