現地メディア「ユベントスがキエーザとの契約を延長する利点は2つある。主に経済的な観点において…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

長い怪我の悪夢の後、フェデリコ・キエーザはベストコンディションを取り戻し始めており、常に輝かしいパフォーマンスを発揮しています。

25歳の彼は現在、マックス・アッレグリ監督の3-5-2フォーメーションに適応するため、セカンドストライカーとして自分自身を再開発しているところです。

そしてキエーザは今シーズンのセリエA最初の3試合で、早速2ゴールを決めています。

当然のことながら、ユベントスはスター選手を維持したいと考えており、すでに契約更新(2025年に満了)に取り組んでいます。

しかし、La Gazzetta dello Sportが伝えているように、クリスティアーノ・ジュントーリが選手との契約を更新しようとする決意の裏には2つの経済的理由が見え隠れします。

まず、経営陣は契約期限をさらに1年延長したいと考えており、これにより来夏、獲得に名乗りを挙げるクラブが現れた場合に備えて、イタリアの巨人は交渉においてさらなる影響力を得ることになります。

第二に、契約延長により、クラブはフィオレンティーナからのキエーザの移籍費用を長期にわたって分散できるようになります。この現象は償却として知られています。

ユベントスは2020年に同選手の獲得に約6000万ユーロを投じました。彼は2シーズンをレンタルで過ごし、その後ヴィオラから完全移籍でユベントスに加入しました。

さらに同情報筋は、ユベントスが選手の代理人であるファリ・ラマダニ氏から、2026年までの契約更新に関して「半分確約」を得ている可能性があると報じています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

今シーズン、3試合連続でスタメンに名を連ねるキー坊。

怪我の影響が心配されましたが、プレーを見る限り全く問題はなく、ゴール数をどこまで重ねることができるかに期待が寄せられます。

そんなキー坊に対してクラブが契約延長を申し出るのはモチのロンであり、今回は経済的な視点から理由が書かれていますが、編集長としては「ずっとユーべでプレーすればええやん」でございます。

松野さんが抜け、ロボが抜け、そしてポヌオが村八分の目に遭ったいま、次のユベントスの象徴となるべく、キー坊の立ち振る舞いには注目が集まるところ。

取りあえず週刊文春にアケミちゃんのお店に通う姿を撮られないことを願うばかりであります。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...