ナポリ、オシムヘンのユーベ移籍を拒むべく、新契約に「反ユーベ条項」を追加か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ビクトル・オシムヘンはナポリとの契約を延長しようとしていますが、これはユベントスへの移籍の可能性を阻止するというクラブの決意を示しています。

ユーベとナポリの間のライバル関係は熾烈で、ユベントスがナポリの最も傑出した才能を獲得しようとする際に、その意識がさらに高まることがよくあります。

ナポリからすでに多くの選手がユベントスへ移籍していますが、ライバルへのさらなる移籍を阻止したいという決意を抱いています。

ナポリは、ユベントスがセリエAの最高の選手たちを狙っているという脅威が常に存在していることを認識しており、そのようなシナリオからオシムヘンを守ることに熱心であります。

Tuttomercatowebの報道によると、ナポリとナイジェリア人ストライカーとの新契約に「反ユーベ条項」を含めることを検討しているということです。

この条項は、オシムヘンの将来的なユベントスへの移籍を阻止または妨害することを目的としており、貴重な資産を保持し続けるというナポリのコミットメントを強調するものとなるでしょう。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

「反ユーベ条項」だなんて、山本晋也監督がユベンティーノだったら、「ス・ゴ・イ・デ・ス・ネー」って言ったに違いありません。

まぁパーヒャク、ユベンティーノではありませんが。

そして、ユベントスがオシムヘンを狙っていたなんて初めて聞いたのですが、もしユーベに来てくれたら「ス・ゴ・イ・デ・ス・ネー」であることは間違いないものの、しかし現在のチーム状況を鑑みると、ナポリからユーベに移籍するメリットは残念ながら見つからず。

「反ユーベ条項を含めるまでもなくね?」って感じでございますが、オシムヘンを獲得するチャンスがあるなら是非チャレンジして頂きたいので、ユベントスとしては「オシムヘンを獲れなくて惜シムヘン」とならぬよう、積極的に動いて頂きたいと存じます。

えぇ、オシムヘンで惜シムヘンです。てじなーにゃ。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...