【Majiニュース】移籍期限残りわずか、ウエストハムがコスティッチ獲得に再チャレンジか!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

昨年夏の移籍期間中、ウェストハムとユベントスはフィリップ・コスティッチの獲得を目指して競い合い、最終的にビアンコネリがセルビア人ウインガーを確保する結果となりました。

マックス・アッレグリ監督の指導の下、コスティッチは自身のスキルを発揮し、昨シーズンのチームの勝利に大きく貢献しました。

しかし、ユベントスが左ウイングの先発候補として、アンドレア・カンビアソとサミュエル・イリング=ジュニオールを優先することを選択したため、今シーズンはコスティッチにまだ出番は与えられていません。

元フランクフルト選手の退団が差し迫っているとの兆候があり、移籍市場が最終時間に近づく中、ユベントスは彼の退団について了承しているようです。

Football Italiaは、ウェストハムがチームを強化するために、コスティッチに対する関心を再び高めていると報じました。

昨年夏からの関心を再燃させたハンマーズは、移籍期限内に交渉をまとめてコスティッチとの契約を確保したいと考えており、速やかな合意成立を目指しています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

開幕から2試合連続で出場なしのゴルゴ。

この状況に、ゴルゴ自身が移籍を申し出てもおかしくありませんし、それこそユベントスが放出を決断する可能性も十分にあり。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

確かにカンビアソは童貞ながらも気の利いたプレーを見せますし、チョーさんの積極的な仕掛けが攻撃にアクセントを与えているのは間違いありませんが、ゴルゴが見せるクロスは他の選手にないものであり、やはり今シーズンのユベントスにゴルゴは必要、それはすなわちゴルGo!なんじゃないかと編集長は考えます。

どうやら童貞は右も出来るようですし、チョーさんはインサイドハーフにもチャレンジ中と聞いています。

であれば、やはりゴルゴはゴルGo!であり、とりあえず今はゴルゴもチームも我慢をして、このまま残留させて欲しいと願います。

 

兎にも角にもゴルGo!でございます。てじなーにゃ。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...