【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】ベラルディ獲得報道が高まるユベントス、その際はキエーザかミリクが放出候補に!?



 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスはここ数日、ドメニコ・ベラルディに対する関心を強めています。

熟練したウインガーは高く評価されており、スリートップの一角として計算できる選手と言えます。

しかしユベントスは現在、異なるシステムを採用しており、前線には2枚のアタッカーを収容する3-5-2フォーメーションがベースとなっています。

ベラルディを獲得した場合、ユベントスは1人か2人の選手を手放さなければならない可能性が高まっています。

Il Bianconero のレポートでは、影響を受ける可能性のある 2 名が特定されています。

同紙によると、売却候補にはフェデリコ・キエーザとアルカディウシュ・ミリクが名を連ねており、このシナリオではドゥシャン・ヴラホヴィッチのみが残留することになります。

この仮説的なアプローチは、ベラルディとヴラホヴィッチからなる印象的なパートナーシップに繋がることが期待されています。

ベラルディがユベントスに加わらなかった場合、ブラホヴィッチとキエーザが前線でコンビを形成すると予想されますが、ベラルディの加入の可能性はこれらの力関係を再形成する可能性があります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ベラルディの市場価値は3000万ユーロと伝えられておりますので、もし収支をトントン、またはプラスに持っていくのであればキー坊を放出しなくてはならなく、単に頭数合わせであればウッディも候補に挙がると思いますが、現在のチームの置かれている立場を鑑みると前者ではないかと予想します。

しかし、誰もが同じ気持ちを抱いているように、ベラルディを獲得するためにキー坊を放出するだなんて「ちょっと、なに言ってるか分かんないんですけど(サンドイッチマン富澤風に)」であり、こんなことはあってはならないこと。

まぁ、ユベントスとしても、キー坊放出でベラルディ獲得なんて、「こんなことはあってはならないこと案件」であることは認識していると思いますが、気付いたらとんでもないことをやりかねないチームでありますので、編集長としても油断するとなく、今後の動向に注意したいと思います。