【Miniニュース】ユベントス、モラタ獲得を目論むも時すでに遅し?同じセリエAのライバルチーム移籍が間近に…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

アルバロ・モラタは現在の移籍市場で、ユベントス復帰の可能性があるターゲットとして浮上しており、スペイン人ストライカーもセリエA復帰を熱望していると伝えられています。

過去に2度クラブに在籍したモラタは、アリアンツ・スタジアムのファンとの強い繋がりを維持してきました。

しかし、ユベントスはまだ彼を獲得する動きを見せていません。

ユベントスでのドゥシャン・ヴラホヴィッチの将来は依然として不透明であり、クラブが支出のバランスをとるために、彼を売却することを検討している可能性があります。

その結果により、モラタと再会する可能性も考えられています。

それにもかかわらず、ユベントスがモラタ獲得をまだ追求していないため、セリエAの別のクラブがモラタの獲得合意に向けて前進しています。

TuttoJUVEの報道によると、ミランはモラタに関心を示しており、アトレティコ・マドリーとの交渉に進展があったと伝えています。

同報道は、同選手のミラン移籍が数日以内にまとまる可能性があると付け加えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

一昨シーズンのセリエAチャンピオンであり、そして来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を保有しているミラン。

いかほどの年俸を用意しているかは分かりませんが、そんなチームにスネ夫が移籍するなんて許せませんし、編集長としても赤と黒のユニフォームに袖を通すスネ夫を目にしたら、込み上げてくるものがあると思います。

 

兎にも角にも言えることはただ1つ

 

 

 

スネ夫のくせに生意気だぞー!

 

 

 

それだけででございます。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...