正GK移籍濃厚のジェノア、コッパ・イタリア優勝GKペリンの獲得を検討か!



 

【JuveFC.com】

ジェノアにはユベントスが今シーズン終了時にスクワッドに加えたいと考えている選手がいます。

ユベントスはスカッドの再構築を進めており、ほとんどの選手が適切なオファーが届けば移籍可能とされています。

マックス・アッレグリの解任に伴い、新しい監督が就任するとユベントスは所属メンバー全体の大幅な改革を行う可能性があります。

 

 

この不確実性は、一部の選手の将来に疑念を投げかけており、ジェノアは既に獲得したい選手を特定しています。

Tuttomercatowebの報告によると、ジェノアは今シーズン終了時にマッティア・ペリンを獲得したいと考えています。

ペリンは以前、2019年から2021年までジェノアへローン移籍してプレーしており、2021年にユベントスのセカンドゴールキーパーとして復帰しました。

ペリンはより多くの出場時間を望んでおり、報告によれば、ジェノアが数多くのクラブから関心を集めているジョゼップ・マルティネスを売却する場合、再びペリンを追求すると伝えられています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓