【Miniニュース】ユベントス、ビッグオファーが届けばイリング放出も厭わず!その基準となる金額は…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

誰もが知っているように、ユベントスは夏の移籍市場である程度の犠牲を払う必要があり、これにはサミュエル・イリング=ジュニオールの売却も含まれる可能性があります。

チェルシーのユース出身選手は2020年にビアンコネリと契約を結び、その後プリマヴェーラでの2年間を経て、Juventus Next Gen、そしてトップチームへ連続昇格を果たしました。

昨シーズン、彼はマックス・アッレグリ監督の中でも、最もエキサイティングな才能の一人としての地位を確立しました。

しかし、イタリア人ジャーナリストのアルフレド・ペドゥッラ氏によると、ユベントスは2500万ユーロ程度のオファーを受け取った場合、イリング・ジュニオールの売却を検討するだろうということです。

19歳の彼は今シーズン初めに契約延長にサインしており、現在の契約は2025年まで残っています。

昨シーズンはトップチームの一員として全18試合に出場して、1ゴール・2アシストを記録しています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

 【編集長ミツひと言】

19歳という年齢、そしてチョーさんの能力を鑑みると、放出については「ダメだこりゃ」で間違いありませんが、しかし2500万ユーロの札束で引っ叩かれた日には、ユベントスが首を縦に振ったとしても仕方なし。

その際には「次いってみよう!」と気持ちを切り替えて、新戦力獲得に向かいましょう。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...