【ななめ読み】ユベントス、ロカテッリ獲得の為にロベッラを交渉の一部に?…ほか

ユベントス、ロカテッリ獲得の為にロベッラを交渉の一部に?

DiMarzio

ユベントスはロカテッリ獲得に向けて、交渉の一部にロベッラを織り混ぜるかもしれない。

 

昨シーズン途中、ジェノアから完全移籍で獲得が発表されたロベッラ。引き続きローンによりジェノアでプレーする事になっている19歳のミッドフィルダーに関して、ユベントスはロカテッリ獲得に向けて交渉の一部として名前を挙げる可能性が出てきたようです。

現在、ロカテッリの移籍金は「4000万ユーロ」と言われおりますが、ユベントスが用意できるのは2500万ユーロ。そして昨シーズン途中にユベントスがロベッラを獲得した際の評価額は1800万ユーロと伝えられており、今回の報道については「2500万ユーロ+1800万ユーロ=4000万ユーロ超え」で、理にかなってるっちゃー理にかなってはいます。

 

確かに足りない部分を選手で補う事はこれまでもあった手法ですが、ペッレグリーニにしろ、ロメロにしろ、ユベントスでプレーする事なくチームを離れる姿を見て少しばかり切ない気持ちになるのは編集長だけでしょうか(ふたりともまだユベントスが保有権は持っていますが)。

 

ちなみにカルダーラもそうでしたね。えぇ、あれば移籍テロの犠牲になった訳ですが…。

 

【SNSで話題沸騰】カルチョメルカート劇場 世界一クレイジーな移籍市場の秘密をすべて教えよう(Di Marzio)

 

 

スチェスニー:ボクは100%ユベントスに留まる

コブタンがポーランドのジャーナリストのインタビューに答えていたようなので、その一部を紹介させて頂きます。

スチェスニー

私はマックス(・アッレグリ)とは非常に良好な関係を築いています。彼はゴールキーパーと言うポジションに理解を示しており、そして人としても素晴らしい人物です。

ユベントスが私を放出する可能性は100パーセントありません。チームからの信頼を感じますし、私自身もユベントスでのプレーを続けたいと願っています。

 

て言う事で、昨日の記事でもお伝えした通り、ドンナルンマのPSG移籍が濃厚となった事により、コブタン残留がほぼ確定。最終的には『ゴブタン続投でチャンチャン』にはなったものの、しかしゴブタンの気持ち的にはブヒってた部分もあるかと存じますので、チームとしてはショートホープ1年分を差し入れるなどして、きちんと関係性を築いて欲しいと願います。

 

でも、もしかしたらショートホープじゃなくて『若葉』かもしれませんので、その辺はきちんとリサーチしておくように。

 

 

モラタのローン延長が決定的に

Gazzetta

モラタの1年間のローン延長が決まったようだ。ユベントスはアトレティコに対して、予定通り1000万ユーロを支払う事になる。

 

キーちゃんの去就もはっきりしない状況のユベントスアタッカー陣。そしてご承知の通りキュンの契約もまだ延長された訳ではなく、もし交渉がもつれる事があれば今シーズン終了後に‘’キュン放出‘’となる可能性も100パーセント否定する事は出来ず。そんな中で届いた『モラタのレンタル延長確実』のニュースについては、生意気も生意気ではありますが、リトルミツに本音を尋ねれば「嬉しいですね」と答えるに違いありません。

 

って優香、今シーズンは『20ゴール・12アシスト・1ヒールキック失敗・1試合後の暴言でレッドカード』を記録していますし、誰も異論はないっしょ。

 

 

ロナウドとポグバの交換トレードを提案すべきだろう

Romeo Agresti

ポール・ポグバは常にユベントスの獲得リストに名前が載っている。もしユベントスがロナウドの処遇に困っているのであれば、この両選手の交換トレードをユナイテッドに提案するのも良いかもしれない。

 

まずはポグバに関して、昨シーズンは怪我の影響もあり燻っている感もあったものの、今シーズンは新たに左サイドハーフと言う新境地も切り開き、42試合に出場して6ゴール・9アシストを記録。復活を遂げたと言って間違いありません(たぶん)。

そして俺たちのキーちゃんについては、ヒロシがこのズルムケッターの処遇についてどう考えているかなのですが、報道を見る限りでは『放出』の方向ではないかと。確かにキーちゃんがいればキーちゃん中心のチームにせざるを得なく、変態采配を信条とするヒロシにとって少しばかり引っ掛かる部分がある事は否定出来ません。

 

個人的には自身の名を世に知らしめたユナイテッドへの移籍はアリっちゃーモハメド・アリだとは思いますが、さて背番号問題はどうなるのか。

カバーニは譲らないだろうなぁ。譲ったらロックン・ロールじゃないもんなぁ。

 

 

まとめ

スーパーリーグ構想についてナンジャらカンジャらでペナルティが課されると言われていたユベントス(とレアルとバルサ)ですが、スイス法務省から『報復的な処分を下したらダメよーダメダメ』と言うお達しが出ているようです。

 

ボヌッチのこの歓喜が無駄にならずに、良かったですよね。

 

【最新のユベ議室お題😎】

オフも色んなお題で楽しめますよん。