【Topics】急展開!ドンナルンマのPSG移籍濃厚により、スチェスニー残留へ

Fabrizio Romano

PSGはドンナルンマ獲得に近付いており、それはすぐにでも発表される段階に差し迫っている。

噂に挙がるバルセロナとユベントスは正式なオファーは届けておらず、テア・シュテーゲンとスチェスニーは残留する事になる。

PSGとドンナルンマの契約は2026年までの5年契約となり、年俸は手取りで1200万ユーロ。ワイナリドゥム(リバプール)の獲得が決まり次第、ドンナルンマ獲得が具体的になるだろう。

 

と言う事で、お騒がせしました『ドンナルンマ or スチェスニー問題』ですが、このままで行くとパーキュウジュウキュウの確率でPSG移籍が決まりそうです。

 

【PR】カルチョメルカート劇場 世界一クレイジーな移籍市場の秘密をすべて教えよう(Di Marzio)

 

今回の移籍話については『スチェスニーの放出ありき』と言われており、ファンとしても少ながらず引っ掛かるものがあったのは確か。加えてヒロシについても「スチェスニーを評価している」と口にしていると伝えられておりましたので、個人的にはドンナルンマ単体で見れば少し残念な気持ちもありますが、それ以上にまたコブタンと言う愛煙家と共にプレー出来る事に喜びを感じております(編集長は禁煙者です)。

そしてここで出てくるのがピンちゃんの契約について。「アニルンマとのセット販売によりピンちゃんが放出されるかも」とも言われておりましたが、それを心配する必要がなくなりました。ユベントスとしては、世界最高の第3GKに敬意を払うべく、年俸も現在の30万ユーロからアップしての交渉に臨んで頂きたいと願います。いや、これはMajiよりのMajiで。

ぶっちゃけ年俸1200万ユーロだなんて、ユベントスと言うクラブを鑑みるととても現実的ではありませんし、いま一度『地に足をつけた運営』に戻すには、良かったのかもしれません。

 

 

この騒動により少ながらずコブタンの気持ち的にもシコリが残ったと思うので、チームとしてはきちんとフォローする事と、ピンちゃんに対して秒速、いや光の速さで新契約を提示して欲しいと願います。

来シーズンもコブタン宛にお中元、お歳暮でチンピーが届くのが楽しみですね!

 

【最新のユベ議室お題😎】