2018-19シーズン採点(MF編)

2018-19シーズン採点(MF編)

今シーズンはずーーーっと4-3-3がベースだったねー。でも、試合を作れる選手がアゴイチしかいなくて、ちょっと手詰まった試合も多かったよねー。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

アゴイチ 3.5

今シーズンも高いスキルでユベントスの中盤を司った。ただ、たまーに見せるあの不用意なファールには編集長もプン怒ですよ。ほんと、あんたいないと中盤の質が一気に下がるんだから、その辺の自覚は持っていただくように4649!

 

主任 3.0

移籍初年度となった昨シーズンは、「ベンタンCoolな選手だなぁ」って思っていたが、今シーズンはイエローカードコレクターとして‘’安定のウルグアイ産‘’である事を証明した。最終的には後半失速してしまい印象は薄くなってしまったものの、前半見せたハイ・パフォーマンスは主任が持ち合わせるポテンシャルである事は間違いない。来シーズンはお茶目にイエロー・カードをもらいつつ、更なる成長に期待。

 

ナス大 2.5

今シーズン開幕ゴールを挙げ、偏ったファンからは「得点王に向けて幸先よくスタートを切った」との声も挙がったが、その後は相次ぐ怪我に泣かされ、そのナス顔を見せる機会も減ってしまった。年齢も32を数えベテランの域に達しているが、無駄なゴール前の上がりからの『振り返ればナスがいる』は、ユベントスにとって大きなオプションになる事から、来シーズンも‘’元気ハツラツ・ナスビタンC‘’な姿を見せて欲しい。

 

松ちゃん 3.5

今シーズンも「顔がトボケている」のをいいことに、ヒロシに使いに使われまくって可哀想だなぁ、と思いませんでした。来シーズンも頑張ってロナ王の分まで守ってください。

 

ナスJ 4.0

加入した直後はこれと言った特徴も見られなかったので、「パッとしないナスだなぁ」と思っていましたが、この漢は「知れば知るほど味が出る」と言うか「知れば知るほど旨みのあるナス」って感じで、その戦う姿勢とユーティリティ性とナス顔で一気にユベンティーニの心を掴みました。本当に好きになっちゃったんで、来シーズンのクソダサいユニフォームは背番号23のものを買います!いや、買いません!

 

 

まとめ

毎試合の採点は結構時間かけずに書けたんだけど、シーズンの振り返りになると1年間まるまる思い出しながらなので結構大変。で、何が言いたいかと言うと「時間が掛かるんでMFとFWは別々にアップするよ」って事です。

つーか、ナス大がほとんど怪我で離脱していたし、4-3-3続けるなら中盤5人だと少なかったかもね。だからと言って「マルキジオが残ってくれていたらなぁ」、なんて事は絶対に口にしちゃダメだからね。

 

 

 

 

 

マルキジオがいたらなぁ…。

 

 

 

【GK・DF編はこちらから↓】

 

スポンサーリンク