ユベントス、今冬のマーケットでのブラホビッチ獲得は断念か!(ショートニュース)

SKY

ブラホビッチに注目するユベントスだが、1月の獲得は断念したようだ。しかし、6月に状況が変わる可能性は残っている。

 

2022-23シーズン終了後にフィオレンティーナとの契約が満了になるものの、『契約延長はしない』と報じられてるブラホビッチ。となれば、ヴィオラとして移籍金が発生するうちに放出しようと考えるのはあまり前田のクラッカーであり、早ければ今冬、適性タイミングで言えば来夏(今シーズン終了後)にチームを離れる可能性を否定する事は出来ません。

しかしユベントスが7000万ユーロとも8000万ユーロとも言われる移籍金を支払う体力があるかと言えば、答えはNo。ここ2シーズンに渡り、キー坊、ツヨシを自転車操業と言う名のレンタル移籍で獲得したチームにとってまだまだこれから多額のお支払いが待ち構えており、それこそここでブラホビッチの移籍金まで捻出となれば、ピンちゃんのお給料が支払われなくなる可能性も出てきます(年俸30万ユーロ)。

先立つものがなければ選手は獲得出来ませんし、それこそコミッソ会長は『移籍するなら金をくれ(家なき子風に)』と、考え方を振り切って来ていると言う噂も届いています。

 

 

確かにセンターフォワードはユベントスの補強ポイントはありますが、ここは身の丈にあったクラブ運営を意識して、編集長的には『池崎をセンターフォワードにコンバートしてチャンチャン』をおススメしたいと思います。

 

 

 

いぇぇぇぇぇえええええい! 

【最新のユベらじ📻】