今シーズン復活の兆しを見せるベルナルデスキ、ユベントスとの契約延長へ前進か!

Luca Bianchin

今シーズン限りで契約満了となるベルナルデスキだが、ユベントスとの契約を更新する可能性が出てきている。

 

キュン、ユッティと並び、ユベンティーニが注目する『2021-22シーズン終了後に契約満了となる選手』の1人に入るゴローちゃん。Gazzettaのビアンキンさんは「ベルナルデスキの契約も延長されるかもよー」と伝えておりますが、さてどうなる事か。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
🏨お得に宿泊!楽天トラベル🚙

 

いずれにしても『活躍次第』と言う部分はあるので、今シーズンのゴローちゃんを振り返りながら考察してみたいと思います。

 

2021-22

直近2シーズンは山ちゃんに中距離走を強いられて疲労オッパ…、じゃくて疲労困憊になったり、小五郎とは何となく相性が良くなかったのか色んな部署に異動させられたりで、まったく良い所がなかったゴローちゃん。今シーズン開幕前も『放出候補』の1人に名前が挙がったものの、ヒロシが監督に就任した事もあり残留。その後の活躍は皆さんの知る所であります(知ってるっしょ?)。

今シーズン行われた公式戦16試合のうち12試合に出場(16のうち2試合は怪我による帯同外)。スタメンも9試合とハゲ頭の信頼を勝ち得ている事が分かります。

 

 

ポジション

先程も少し触れましたが、山ちゃん時代の2019-20は4-3-3の右ウィングを、翌2020-21は小五郎から右に左に前に後ろにと多数のポジションを任されたゴローちゃんについて、今シーズンは4-4-2の左ウィングが本命となりながらも、チェルシー戦で存在感を示したように、偽9番としても機能する事を証明。たまに良く分からない采配を揮う変態ハゲ頭の戦術の幅を広げている事は間違いありません。

そして左サイドではチーム唯一の攻撃的な選手となり、もはや「オプション」としてではなく「レギュラー」として変態ズルムケ頭も計算しているのは明らか。バランサーのラビ彦とのポジション争いを強いられる方になりますが、現時点では『ゴロー優勢』と言っても過言ではないかもしれません。

いずれにしても今シーズンは「自分が活きるポジションを再度与えられた」と言えるでしょう。

 

 

潜在能力

ユベントス移籍後、5シーズン目を迎えるゴローちゃん。入団当初は「繊細なファンタジスタ・タイプ」かと思いきや、キーちゃんとの出会いがキッカケとなったのかは分かりませんが、翌シーズンより筋肉の鎧を纏ったゴリゴリ系の選手に変貌。現在では力強いゴリブル(=ゴリラドリブル)がゴローちゃんの代名詞のひとつになっております。

そのゴローちゃんが最も輝いたシーズンはゴリナルデスキーになった2018-19シーズンで、最も輝いた試合はCLアトレティコ戦2ndレグである事に異論を唱える方はいないはずです(唱えないで下さい)。

編集長的にはあの試合がゴローちゃんのMAXだと考えており、あそこまで到達する事は十分可能。言うなれば「それだけの潜在能力を持ち合わせている」とも言えると考えます。

今シーズンは確かに存在感を示しておりますが、まだゴールはゼロ。大舞台での活躍を機に、更にひとつ上のステージに上り詰めてくれる事を期待しています。

 

 

まとめ

年齢も27歳と『脂が乗った時期』であり、個人的には「契約更新しない手はない」と考えます。

とは言え、まずはユベントスに「ベルナルデスキは契約延長に値する選手」だと認める事が必要でおり、その為にGG(ゴロー・ガールズ)を昇天させて「ベルナルデスキ残留運動」でも起こさせて、外堀から固めて行くのもアリだと思います。

まずはこのまま好調をキープして、そしてどこか早いタイミングでゴール、からのー『AXビーム(アヘアヘエックスビーム)』を見せれば完璧です。知らんけど。

【最新のユベらじ📻】