ユベントスは4選手が冬のマーケットでチームを去る可能性がある

JuventusNews24.com

ユベントス所属選手のうち、4人がこの冬のマーケットでチームを去る可能性がある。アーロン・ラムジーはニューカッスルを始めとしたプレミアリーグのチームからの興味は絶えなく、カイオ・ジョルジュ、ペッレグリーニは経験を積む為にレンタルで放出されるかもしれない。そしてクルゼフスキも放出リストに名前が挙がる事を否定できない。

 

季節も秋になり、そろそろ駅に向かう道で銀杏の何とも言えない匂いが漂う季節になって来ましたが、カルチョメルカートでは早速冬の移籍の話がチラホラと耳に届く事に。

 

ついては、今回名前が挙がった選手の「今と未来」について触れてみたいと思います。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

 

カツオ

インターナショナルウィーク中に行われたアレッサンドリアとの一戦ではセンターフォワードを任されたカツオ。今シーズンのユベントスにおける『4番手のアタッカー』の立ち位置になりますが、しかしキュン、スネ夫、そしてアラレのうちの誰かにアクシデントがあればすぐさまチャンスが回って来る事は明らかであり、このタイミングで『カツオを冬のマーケットでレンタルで放出』の判断については、非常に難しいものがあります。

実際にスネ夫は今月末まで生意気にも怪我で戦線離脱する事が濃厚であり、キュンにしてもイジケ気質が本当に抜けているか分からない状態。また、アラレにしてはトリノ戦では前半だけの出場で途中交代を命じられており、まだ『ヒロシ首っ丈』になってないと考えられます。

と言う感じでカツオに関しては、チームに残ればチャンスは転がって来る可能性も残されているでしょう。

 

 

チャラ男

編集長的には少し物足りなさが残るチャラ男ですが、ファンによっては「あれだけシンプルなプレーが出来るサイドバックは貴重」との意見も。とは言え、クアマン、ケンさん、オジーロ、ユッティと4枚のサイドバックが揃った中で、チャラ男が「豚キム!豚キム!」と唱える姿はまだ想像出来ません。

本人としては『孫の代まで笑われる』と思っているでしょうが、現状のユベントスサイドバック陣の順列で言えばユッティに次ぐ5番手であり、ユッティごときの後塵を拝す5番手であり(大事な所なので2度言いました)、なかなかチョリーーースる機会がないのも確か。CL登録メンバーから外れている事も鑑みれば、『冬のマーケットでレンタル移籍』となっても、何ら不思議ではありません。

2年間の島流しを経て戻って来ましたが、冬のマーケットで早々に再流しになってもおかしくない状況であります。

 

 

ラム兄

ウェールズ代表合流中の『言っちまった事件』もあり、この冬での移籍が濃厚とされるラム兄。すでにプレミアリーグの幾つかのチームが興味を示しているとも言われており、年末に向けてより具体的な話が浮上してくるかもしれません。

今シーズン開幕前の親善試合において、レジスタを任された事でファンからは期待の声も挙がりましたが、しかし新加入のツヨシが圧倒的な存在感を示し、そしてボランチを任される選手として主任に加えてカリメロがローマ戦では戦列復帰予定。更にラビ彦もサイドハーフとセンターハーフとマモコンを兼任するとなると、ラム兄のセンターハーフ起用は早速難しい状況に。正直、「どこで起用するのがラム兄にとってベターか」もちょっと正解が見つかりません。

冬のマーケットで移籍濃厚ともされていますが、チームとしては怪我人が続く中、まずはローマ戦、ゼニト戦、そしてインテル戦で少しでも活躍して欲しいと願います。

 

 

ミノル

ここに来て急遽放出の噂が挙がって来たミノル。恐らくレンタルではなく、「ブラホビッチ獲得に向けた資金繰りの為の完全移籍」が本命だと考えられます。

確かにブラホビッチはチームとしても喉から手が出るほど欲しいストライカーではありますが、しかしその為にミノル放出していいかと言えば答えは別。確かにスタメン出場する機会は少ないものの、途中から出てくれば青っちょろい顔をしながらも頑張る姿を見せ、昨シーズンは終わってみれば47試合に出場して7ゴール・7アシストを記録。「手放すには惜しい童貞」である事は間違いありません。

【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

確かに放出する事で手っ取り早くお金を作る事のできる選手ではありますが、もう少し長い目で見て頂きたいと存じます。今シーズン中には素人は卒業する可能性もございますので。

 

 

まとめ

この所はブラホビッチやファン・デ・ベークなど、より具体的な噂が挙がるようになって来たものの、しかし"獲るだけ"ではスカッドが『プップクプー状態』になる事は明らか。ケルちゃんに関しては、放出に関しても上手く立ち回って頂きたいと存じます。

 

【最新のJuveTube🎥】