サッリズモの体現者、「メルテンス」にユベントスは注目か!?

サッリズモの体現者、「メルテンス」にユベントスは注目か!?

今シーズン限りでナポリとの契約が切れるメルテンスだが、インテル、ミランのミラノ勢に加えて、ユベントスが獲得レースに参戦するようだ。

〜Il Mattino〜

 

ドリース・メルテンスは1987年生まれの32歳で、ベルギー国籍のアタッカー。2007-08シーズンにオランダのAGOVVで頭角を現すと、その後はユトレヒト~PSGとステップアップを重ね、2013-14シーズンからナポリに移籍。現在では欠かす事のできないセンターフォワードとして、チームを牽引しております。

 

そのナポリで転機が訪れたのは2016-17シーズン。もともとウィンガーだったメルテンスですが、開幕前にエースだったイグアインがユベントスへ移籍。そして、チームがその後釜として獲得したミリクが怪我で戦列を離れると、監督のサッリ(当時)はメルテンスをセンターフォワードで起用。これがハメり、以降メルテンスは『偽9番』として得点を重ねる事になります。

試合数 ゴール数
2018-19 47試合 19ゴール
2017-18 49試合 22ゴール
2016-17 46試合 34ゴール
2015-16 40試合 11ゴール
2014-15 53試合 10ゴール
2013-14 47試合 13ゴール

その『サッりの教え子』に興味を持っていると言われているユベントスですが、現在の人員をある程度キープした上で獲得するのであれば、あくまで『計算出来るバックアッパーとして』であり、逆に来年33歳を迎えるメルテンスを『レギュラーポジションの一角』として迎える事は、いくらトランスファーフリーとは言え考えづらいと思います。しかし、メルテンス自身がその扱いを受け入れるのであれば、それこそサッリズモを体現できる選手として、この上ない補強となる事でしょう。

 

このところチーム内ではゴタゴタが続き、その主犯格のひとりとして『1月の放出もあり得る』と言われるメルテンス。周囲も含めてその動向に注目したいと思います。

 

まとめ

メルテンス、いいよねー。テクニックもあるし、いわゆる‘’何でも出来るセンターフォワード‘’。編集長的にはウィンガーのイメージほとんどなくて、『メルテンス=センターフォワード』なのよね(ウィンガーやってた頃はロンドンにアーセナル留学してたので)。タイプとしては「マン市のアグエロに似てる」て感じてるんだけど、どうかね?

ただ、モチのロン来て欲しい気持ちは凄いあるけど、記事にも書いた通り、年齢を考えても『バックアッパーとしてなら』の条件付きかな。ポルちゃん、ロナ王、コスタるん辺りがベテランになって来て、若返りを図るべきアタッカー陣にメルテンスを『レギュラー』として迎えるのは、長いスパンで鑑みた時にどうなのかな、と。ただ、それでも編集長的にはメルテンスの能力を買っているので、『バックアッパー』としてならアリっちゃーアリ、て優香、大アリ。

まー、その前にインテルあたりが冬に獲得して、そして『チーム内のバランスを崩しテル』て感じになりそうな気もしテルんですけどねー。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版