【Topics】元ユベントス監督サッリに、リーグ・アンの‘’マルセイユ‘’が接触か!~おまけコーナー有り~

 

昨シーズン終了後に電光石火のスピードでユベントスの監督を解任された山ちゃん。まだ給料が支払われている事もあってか、現時点ではどのチームの監督にも就いておらず。しかし、その名将風味にフランスの強豪が興味を示していると伝えられています。

SKY

今シーズン、チャンピオンズリーグはグループリーグで敗退し、そしてリーグ・アンでも苦戦を強いられるマルセイユだが、監督のボアスを解任して、元ユベントスのマウリツィオ・サッリ招聘を視野に入れているようである。

 

久し振りに山ちゃんの名前を聞きましたな。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

そのマルセイユですが、チャンピオンズリーグは「フランクフルト、ラツィオ、アポロン」と同組になったグループHでわずか勝ち点1(1勝5敗)しか稼ぐことが出来ずにグループステージ敗退(4位の為にヨーロッパリーグにも回れず)。そして国内リーグは20試合を終えた時点で『9勝5分6敗』の勝ち点32で9位に低迷しており、来シーズンのヨーロッパの大会への出場権獲得が難しい状況に。

そんな中で監督のアンドレ・ボアスが、公の場でチーム首脳陣を痛烈に批判し、辞任の意向をクラブ伝えたと表明。それに対してマルセイユ側はいったん『停職』としたものの、この両者の溝が埋まる可能性はかなり低いのではないかと予想されます。

 

 

そこで「停職になったアンドレ・ボアス」に代わって噂に挙がっているのが、「定職についていない山ちゃん」(「停職」と「定職」で掛けたの上手いっしょ?)。

みなさんご存知の通り、山ちゃんはセリエA優勝監督にも関わらず昨シーズン終了後に解任となり、そして現在はユベントスから給与が出ているという事もあり‘’プーちゃん状態‘’(プー太郎の事ね)。イタリアは引き続き非常事態宣言下にあるので、ガード下の赤提灯で一杯引っ掛けてるって事はないと思いますが、とにかくどこのチームにも所属せずに、毎日「呑んで」「吸って」の暮らしを続けているに違いありません。

 

そしてユベントスと山ちゃんの契約は2022年6月までの3年契約となっており、実はまだ1年半が残っている状態。ユーべとしては「新チームとの年俸の差額を払うから、どっかに収まってくれ」って感じなんでしょうが、山ちゃんとしては「ユベントスに切られた」と言う思いが強く、このまま2022年までプーちゃんでい続ける可能性もあります。しかし編集長としては、シャクレ顔やベンチでの立ち振る舞いはアレではあるものの、特にナポリで見せたサッカーは間違いなくモノホンであり、そして『ヤマリズモ』と呼ばれる小気味よいパスサッカーをまた見たいのも本心。もしマルセイユからMajiMaji(=超本気って事ね)のオファーが届くのであれば、ぜひ前向きに検討して頂きたいと思います。

 

 

おまけ

と言う事で、すっかりピルロ色に染まり、それこそ「えっ、昨シーズンの監督ってアッレグリじゃなかったの?」って思ってるユベントスファンもいるかもしれませんが、せっかくなので山ちゃんがクラブに残した功績を思い出すべく、ユベントス時代の写真を貼ってこの記事を終了とさせて頂きたいと存じます。

 

試合中にジャンケンをし始める山ちゃん(相手はベンチにいるピンちゃんです)。

 

 

「あのカップで大関飲んだら美味そうだな」の山ちゃん。

 

 

スタジアム内禁煙なのに、勝負をかける山ちゃん。

 

 

「ハイ、ひょっこりはん」な山ちゃん。

 

 

ケツプリな山ちゃん。

 

 

選手を酒屋までパシらせた事がバレて、ロボに怒られる山ちゃん。

 

 

反省する山ちゃん。

 

 

 

って事でーーー

 

 

山ちゃん、また指揮とりーやー!

 

【最新のJuveTube📻】