怪我で出遅れたベルナルデスキ、エラス・ヴェローナ戦で今シーズン初スタメンなるか!

今シーズン開幕直前の怪我によりスタートダッシュに失敗したゴローちゃんですが、途中出場ながらクロトーネ戦~ディナモ・キエフ戦と出場し、徐々に反撃の準備が整って来そうです。

Gazzetta Dello Sport

ベルナルデスキはエラス・ヴェローナ戦において、今シーズン初スタメンのチャンスを与えられそうだ。そしてこの試合ではディバラが同じく初スタメンに名を連ねてモラタとツートップ、その下にクルゼフスキが入る布陣となる。

 

GG(ゴロー・ガールズ)の皆さまにおかれましては、ぶっしゃり注意報が出るであろう事を先にお伝えさせて頂きます。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

 

昨シーズン、山ちゃんユベントスにおいて38試合に出場しながらも、ファンからは厳しい言葉が届いたゴロちゃん。『2ゴール・3アシスト』と言う結果に終わった以上、アタッカーとしては決して満足の行く結果ではない事は確かですが、それでも攻撃時4-3-3、守備時4-4-2可変式システムにおいて、長い距離を走る右ウィングを任せる事が出来たのはゴロちゃん以外にいなかった事は間違いありません。

 

そして迎えた新シーズン。アフター・山ちゃんとして監督の座に就いた小五郎は「3-5-2」をベースにした、やはり可変式システムを採用しながらも、各ポジションに与えられた役割は明確。中盤ワイドに関しては「右が高めの位置取りをすれば左は低め」「右に攻撃的な選手を配置すれば左は守備的」と、試合に応じて起用する選手をタイプで使い分ける事が予想されます。

 

 

その中においてゴロちゃんが任されるであろうポジションは『左ウィングバック』であり、小五郎自身も会見の場でそれを公言。同じポジションには怪我で離脱中のドンキーに加えて成長著しいヒゲダン、更には新加入のキエーザの名前がライバルとして挙がりますが、ドンキーはスリーバックの一角、キエーザは右ウィングバックまたはトップとしての出場も考えられ、その2選手とタイプの異なるゴロちゃんに関しては、今シーズンも出場機会が与えられるのではないかと予想されます。

 

 

そしてこちらが現地ガゼッタが予想しているエラス・ヴェローナ戦のスタメン予想。

前線ツートップには今シーズン初スタメンになるキュンと、好調をキープしているスネ夫。そしてその下には「実は被っていたけれど、中盤のセンターが一番ズルムケる場所」と自身が口にしているミノルが入る予定。更にツーボランチにはラビ彦とカリメロが名を連ねる事により、今シーズンもゴローちゃんに求められる役割と押さえるべきスペースは大きなものになりそうです。

まぁ、あとはオジーロが果敢にオーバーラップを掛けながらも途中でボールロストしてターンオーバー。それに対応すべくゴロちゃんがオジーロと共に必死になって相手を追いかけるロマンティックなシーンが見られるかもしれません。いや、むしろそんなシーンが見たいし、更には「ゴローちゃんが後方から追いついて、正面から迎えたポヌッチと相手アタッカーをサンドウィッチの形で迎えるも、ポヌッチがお馴染みのヘッピリ腰ディフェンスで抜かれて超絶ピンチに」って言ったシーンが見られるんじゃないかと期待します。

 

 

確かに昨シーズンのデキについては「ベルナルデキスギくん」って訳ではなかったのは事実ですが、それこそ今シーズンは監督も変わり‘’一旦リセット‘’と考えていいはず。編集長としてもゴロちゃん復活を願って応援しますし、更に言えばゴロちゃん活躍を目にしてぶっしゃったGGをワンチャン狙っていきたいと姑息に考えております。

 

 

ゴロちゃん、がんばれやーーー!

 

🆕ユベントス・ライフ~暮らしの側にユベントスを~

【最新のユベントス・ライフ🙂】