【ななめ読み】元ユベントス監督リッピ:「ピルロはジダンのようになる」、他

元ユベントス監督リッピ:「ピルロはジダンのようになる」

ユベントスに幾つものタイトルをもたらし、そして2006年ワールドカップでは世界一の称号を手に入れたマルチェロ・‘’葉巻‘’・リッピが、ユベントスの新監督に就任したピルロについて口を開いたようなので、その一部を紹介させて頂きます。

ピルロは監督としてだけではなく、あらゆる才能を持ち合わせている人物だ。

彼は不愛想な人間だと思われがちだが、実は私の事を一番笑わせる事のできる人物のひとりでもある。ジョークも持ち合わせているよ。

彼が現役だった時、誰もがピルロの守備能力に疑問符をつけ、そしてその周りには守備的な選手が必要だと考えた。しかし実際にはパワフルさとバランスの良さを兼ね備え、ディフェンス面についても大きく貢献できる選手であった。ユベントスはその事に気づいていたんだろうね。

ピルロは今でも偉大なる人物であり、クリスティアーノ・ロナウドやキエッリーニと同じ目線で話をする事ができ、それは今のユベントスに必要な要素だとも言えるだろう。そしてジダンがレアル・マドリーの監督に就任した時、彼には同じ能力が兼ね備わっていたね。

ジダンは決して革新的な戦術を取り入れた訳ではなく、チームをまとめ、そして最高のコンディションに持っていく事で、全てを勝ち取ったんだ。

ジダンと同様に、ピルロも引退後に何をするのかを決めるまでに3年の月日を要した。彼はトップレベルでキャリアを過ごした事により、哲学や選手の気持ち、更にはそこに居続ける意味を知る事が出来たんだ。

ピルロはデシャンのような監督になるかもしれない。現役時代にミッドフィルダーだった選手は、物事を俯瞰して見る事ができるんだ。そして中盤で活躍していた監督が成功を遂げている理由の一つが、それである事は間違いないだろうね。

 

まぁ、監督一年生のピルロに関しては、実際に「やってみないと分からない」と言う部分があるけど、やっぱり現役時代の聡明なプレースタイルが頭の中に残っているので、そのイメージで期待が膨らむ事は確か。

とは言え、しつこいようですが「やってみないと分からない」のが現状なので、もしかしたらスタジアム内でタバコふかすかもしれないし、もしかしたらジャージ姿で指揮執るかもしれないし、もしかしたら試合後にキャバクラ通いするかもしれませんので、ユベンティーニ皆さまにおかれましては、過度の期待を掛けすぎぬようよろしくお願い申し上げます。

 


▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

ユベントス、サパタ獲得にチャレンジか!

そりゃ欲しいでしょ。これまで幾度となくチンチンにされて、昨シーズンに至ってはフトシがチンコ踏まれてるんだから。

【Gazzetta】

ユベントスはサパタ獲得を目指しているが、アタランタは5000万~5500万ユーロを要求してくるだろう。

 

 

だれかー

 

だれかー

 

セリエA最多得点記録を保持する、ちょっとポッチャリ系のストライカーを5000万ユーロでご購入されたい方はいませんかー?さすがにシーズン30ゴールは挙げられませんが、シーズン3000グラム増量は確約させて頂きまーす!

 

 

バレンシアが引き続きデ・シリオに注目

少し前にも噂が出ていたけど、「引き続きバレンシアはデ・シリオに注目している」と、TuttoSportが報じているようです。

たぶん、このニュースを耳にして「高値であれば」って考えているユベンティーニもいるかもだけど、ユッティいなくなるとMajiでユーべのサイドバックきついよ。特に今シーズン開幕に向けて「サイドバック補強」の話も出ていないし、個人的にはこのニュースを耳にした時は、「ちょっと待ってや、デ・シリオ!」って感じでした。「ちょっと待ッティア・デ・シリオ!」って感じでした。「ちょっとマッティア・デシリオ!」って感じでした。

 

あら不思議、某Boyも待ってくれそうな感じがしてきましたね。

 

 

ディバラは年俸1500万ユーロを要求する

要求額の高さにより周辺がワカパっているキュンに関して、Gazzettaがこんな風に報じております。

ユベントスは契約延長に向けて、パウロ・ディバラに「年俸800万ユーロ+ボーナス」の提示をしたが、選手サイドは1500万ユーロのラインを崩していない。

 

これってさぁ、実際のところはどうなんだろうね?確か兄弟のグスタボ・ディバラが代理人でしょ。まぁ身内なんで余計な事はしないと思うけど、こんな可愛い顔をしたキュンが法外な金額を吹っかけてくるとは思えないのよね。キュン選手は、その巧みなプレーでファンをぶっしゃらせる事はあっても、法外な金額を吹っ掛けるような選手じゃないっしょ。

まぁ、「ぶっしゃる」と「吹っ掛ける」で韻を踏んだのが上手く伝わったか分からないけど、とにかく編集長はキュンはそんな男じゃないと信じています。真正ディバリスタであり、神聖ディバリスタとして。

 

 

ぱりぴー

中盤足りないよね。

TuttoSport

ユベントスは中盤強化として、アトレティコの「トーマス・パーティ」の獲得を真剣に考えている。ビアンコネロはシメオネを納得させる為に、ベルナルデスキの名前を交代要員として挙げるかもしれない。

 

いやー、本当に強いし上手いし若いし(27歳)、中盤の補強にはうってつけ。こんな選手が来てくれたら、ユベンティーニもPartyですよね。トーマス・パーティが来てくれたらPartyですよね。パーティでPartyですね。

 

 

ちょっと分かりづらいですが、パーティに参加中のポルちゃん選手です(左)。

 

 

まとめ

一年くらい前にブログのコメント欄に「ダジャレばっかりじゃねぇか」って書かれた事があります。

 


【編集部より😎】

誕生日当日の8月26日まで待つ必要はないからね。

⚪⚫→ユベ議室の入会・ご案内はこちらから🙂