【フットボールななめ読み】ナポリ 2-0 サッスオーロ、他

 

このところ、ユベ議室のお題の為にもセリエ以外の試合を見たり、ニュースを拾ったりしているので、その辺の事を月ユベでもアウトプットして行きたいと思います(『更新』で伝わる所を、格好つける為にあえて『アウトプット』の横文字を使わせて頂きました)。

最終的には「ユベントスファン以外の方も、月ユベを読んでもらえたらいいなぁ」と考えておりまして、極端な表現をすれば「ユベントスを嫌いになっても、月ユベは嫌いにならないで下さい」と言う事です。

 

目指せビジネス編集長!

 

※ひとつの記事に3〜5個くらいのネタを入れて、軽いタッチで読めるものに仕上げる予定です。

 


 

ナポリ 2対0 サッスオーロ

少し前にユーベがやられたサッスオーロ。相変わらずデ・ゼルビルのサッカーは面白いと言うか徹底してますね。ゴールキックを自軍エリア内から繋ぐシーンなんて、見ていてハラハラ・ドキドキなんですが、結構ボール奪われているにも関わらず、それを最後まで崩さないのが何とも好印象。

結局、4つのゴールをVARで取り消されて負けはするものの、目指すサッカーはそれこそマンチェスター・シティかリバプールか。

ちなみに「サッスオーロのロジェリオっていい選手だなぁ」て思って調べてみたら、なんだと元ユベントス(しかもユース育ち)だったとは。こう言う選手が上がって来る環境を作らないと、将来的には厳しくなるかもねー。

 

リバプール 5対3 チェルシー

疾っくの疾う(とっくのとう)にリバプールの優勝は決まっているけれど、チェルシーはCL圏内目指して負けられない一戦でありながら、大量失点を喫して敗戦。ランパードのチームは『若さでアタック!』と言わんばかりに乗ってる時はいいんだけど、崩れると脆いのよね。

そんな中でもプリシッチはいいねー、プリシッチ。完全に東欧系の名前でアメリカとクロアチアの二重国籍ながら、代表ではU.S.A.を選択。一昔前にもアメリカ国籍の選手がプレミアで活躍したと覚えていたけど、誰だか思い出せないや。まぁいいか。

そのプリシッチ、セリエクラスタで知らない人がいたなら要チェキら。Big、Bigger、Biggestになる可能性あり。ちなみにドルトムントからチェルシーに移籍した際のトランスファー・フィーは日本円でドドーンと約83億円。大物になる予感しかしませんな。ドドーン!

 

プレミアCL出場権

全日程が終了したプレミアリーグにおいて、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したのはこの4チーム。

  1. リバプール
  2. マンチェスター・シティ
  3. マンチェスター・ユナイテッド
  4. チェルシー

 

開幕直後はエンジンが掛からずに、監督解任の噂も挙がったユナイテッドですが、終わってみれば3位フィニッシュで上々の着地。チェルシーは最終節でEL出場権を賭けたウルブズとの試合に勝って4位滑り込み。モウリーニョのスパーズも何とか6位に入ってEL出場圏内に収まり、ジョゼも「自分が就任後だけの成績を見れば4位だった」とご満悦のご様子。そして編集長がひっそり注目しているアーセナルは7位とヨーロッパの大会から遠ざかる事に。ま、まぁ、か、関係な、な、い、け、ど、ね。。。

 

 

DAZNがCLから撤退か!?

テッちゃんの『やばいよ、やばいよ』て声が聞こえてきそうですが、すでに番組一覧から『CL』のお品書きが消えてるんだって言うから、編集長的にもそりゃ穏やかじゃない。て優香、リヨン戦の日は上司に無理言って仕事休み取っちゃったんだけど、まさかの『無駄骨』になりそうな気がしてなりませんわ…。

 

エムバペがアタランタ戦欠場へ

フランス杯決勝で重めの捻挫をしてしまったPSGのエムバペですが、どうやら『全治3週間』と診断された為に、8月12日に行われるアタランタ戦は欠場濃厚に。

うーん、そうなったならば残念!

 

編集長が見たいのは、PSGとアタランタががっぷり四つで撃ち合う試合なのよ。

7対6とかのバカ試合なのよ!

 

 

あとがき

こんな感じでどうでしょうか?

とりあえず少し続けてみますが、シレっとこの手の記事が更新されなくなっていたら、『編集長、需要も反響もなかったのね。了解です』と心の中で慰めてあげて下さい。。。

 


【編集長よりお願い😎】

この記事の投票数、もうちょっと欲しいので協力お願いします🙏