サンドロが3週間の離脱。でも何とかなるから大丈夫!

 

あの瞬間、ヤバイと思ったのよね。

 

膝が変な方に曲がってた気がするし、「それなら早く交代しなさいよ」とも思ってたんだけど、それも後の祭り(@北島三郎)となってしまいました。

Gazzetta

コッパイタリア決勝のナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロだが、J-Medicalでの検査の結果、『内側側副靭帯損傷』と診断された。全治までには3週間が掛かる見込みだ。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

【PR】(特価) ユベントス ホーム レプリカユニフォーム/各サイズあり 

 

 

ぴーーーんち!

 

 

ユベントス、大大大大大ぴーーーーーんち!

 

 

それはすなわち

 

 

 

ちんぴーーー!!!

 

 

 

でごじゃーます!

 

 

 

 

そして賢明な毒者みなさま方におかれましては、すでに下記の2点についてお気付きの事だと存じます。

 

【1:唯一の替の効かない選手】

ドンキーと言えば、月ユベの中では『キャラ作りに失敗した選手』として登場回数が圧倒的に少ない事で有名ですが(有名か?)、ユベントスにおいては『替の効かない選手』として常時試合に出場。その常軌を逸した起用法により、トリノ市労働基準監督署から「そのままだと労働基準法に反するよ」と注意を受けた程であり、今回の「ドンキー離脱」の報を受けて、‘’世界同時多発ワカパイ‘’が起きて揺れに揺れたと耳にしております。

って優香「ワカパイ」知ってる人っておるんかな?

 

 

【2:例のBoyしか思い当たらないんだが】

えぇ、むしろそこですよね、そこ。

ぶっちゃけ『替が効かない選手』と紹介されている以上は、その後ろに控えている選手はその程度の評価と言う訳で、そしてそこには某ゆとりBoyの影がチラついている訳で、「父さん、北海道の大地でさえもこのニュースに揺れてる訳で(北の国から風に)」て感じで、‘’世界同時多発だっちゅーの‘’になっていると思います。

って優香「だっちゅーの」知ってる人っておるんかな?

 

 

 

全治3週間となると恐らくはボローニャ戦、レッチェ戦、ジェノア戦、ミラン戦まではアウトで、その後のアタランタ戦にギリギリ間に合うかどうかの状態。完全に『過密日程のバカ!』『コロナのバカ!』『ポヌッチのバカ!』て感じですが(最後は八つ当たり)、それでもゲームは続くよどこまでも。やり抜くしかありません。

 

 

そこで編集長、『確かオジーロって左も出来るって言ってなかったっけ?』て気付いて調べたところ、シティ時代の2018-19は5試合、2017-18に至ってはドドーンと12試合を左サイドバックで出場している事が判明しました(そこに気付いた編集長、ナイス過ぎるぜ!)。

しかしこれは「某ゆとりBoyをスタメンで出場させるな」と言う事ではなく、この過密日程を2人のサイドバックで回す事はもはや非現実的であり、クアマン、オジーロ、Boyの3人でもギリギリの状態。そこに隠し玉の「オジーロが左も出来る」って事が数字の上でも証明された事で、「ちょっと安心できるよね」って事であり、最終的には「そこに気付いた編集長がナイス過ぎる」と言う事でございます。

 

 

みなさんの『オー・マイ・スパゲティ』なお気持ちは分かりますが、それでもユベントスには右も左も出来る選手が2人もいると言う事は「不幸中の幸い」と言うか、「そう思わないと夜も眠れない」と言うか、「いや、でも左は‘’たしなむ程度‘’ですよね」と言うか、それでもなんでもやるっきゃないのです。

 

いま考えるべきは、「ドンキーが早期復帰する事」ならびに「3人で回す事」であり、そして「ユッティがアップ中に怪我しない事」であります。どう転んだところで今のメンバーで戦う事は間違いなく、我々は選手を信じるのみ。それはすなわち「喚かず」「焦らず」そして「ワカパらず」。とにかく声を張り上げてチームを後押ししようじゃありませんか!

 

 

まぁ、なんとかなるっしょ。

 

 

Forza Juve!

 

カリアゲました。

 

⚪⚫→ユベ議室の入会・ご案内はこちらから🙂