【黄色信号が点灯】ロカテッリの移籍先本命は‘’国外クラブ‘’が本命に

カルネバーリ on SKY

我々はロカテッリの移籍について、"ある国外のクラブ"と話を進めています。そして交渉は『順調に進んでいる』と言って間違いありません。

数日のうちにユベントスとも会合の場を持つ事になっていますが、ユベントスを含めたイタリアのクラブは、財政的な部分的鑑みても「非常に厳しい」と言わざるを得ないでしょう。

 

『リーチ!リーチ!ロカテッリーチ!』と言われていたロカテッリですが、このままユベントスはツモれない可能性が浮上してきました…。

そして『国外のクラブ』については、これまで噂に挙がっていたアーセナルでもなく、ドルトムントでもなく、他のビッグクラブである事は間違いが無さそう。となると、資金的に鑑みてもPSGやプレミアのビッグクラブクラブが本命でしょうか。

 

いずれにしてもユベントスが獲得レースで遅れを取っている事は間違いがなく、そしてロカテッリ獲得に失敗するような事があれば、このまま大きな補強なしで新シーズンを迎える可能性も大きくなります。

とは言っても不安を口にしても何も変わらないし、今いるスカッドでやり繰りするしかありません。マルチタスクをこなせるオジーロをうまく配置するなり、U23から若手選手を抜擢するなり、レンタルから戻る選手に期待するなり、まぁ何とかなるっしょ!

 

 

まとめ

ダイジョウV!ですね。

 

【最新のユベ議室お題😎】