【選手紹介~2019-20~】レオナルド・ボヌッチ

【選手紹介~2019-20~】レオナルド・ボヌッチ

  • 名前:Leonardo Bonucci(レオナルド・ボヌッチ)
  • 愛称:ポヌッチ
  • 生年月日:1987年5月1日
  • ポジション:ディフェンダー
  • 背番号:19

 

ユベントスの守備の要。

デ・リフト、デミラルを獲得したチームにおいても、この男の存在価値は一向に下がる事はない。そして今シーズンは、開幕直後に長期離脱する事になったキエッリーニ代わり、左腕に腕章を巻く事を任されている。


 

ボヌッチの武器はディフェンス力のみならず、世界屈指のフィード力も挙げられます。後方からチャンスと見るや正確無比なロングボールが相手ディフェンダーの頭を超えて、ユベントスアタッカー陣の足元へ。今シーズン、サッリ監督の下で‘’パスサッカー‘’を展開するチームにおいても、ボヌッチのその展開力は昨シーズンと変わらず「ユベントスの大きな武器」として攻撃にアクセントを、そして相手には脅威を与えています。

昨シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦では、ボヌッチのロングフィードからロナウドのダイレクトボレーが生まれた。

 

所属 出場試合数
2009-10 バーリ 39試合
2010-17 ユベントス 319試合
2017-18 ミラン 51試合
2018-19 ユベントス 41試合

ボヌッチは2009-10シーズン終了後、移籍金1550万ユーロでユベントスに加入すると指揮官コンテの下、スリーバックの一角として頭角を現し、2015-16シーズンの「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー」、そして「セリエAベスト11」ならびに「最優秀選手賞」に選出され、名実ともに一流プレーヤーの仲間入りを果たす。しかし、2016-17シーズン終了後、アッレグリとの確執から突如としてACミランへの移籍が発表され、ユベンティーノのみならず世界のサッカーファンに衝撃を与えました。

その翌年の2018-19シーズン開幕前。「ユベントスと喧嘩別れ」したはずのボヌッチでしたが、ユベントスへの愛の炎を消す事ができずに、燻っていた思いを口にした上、カルダーラとの実質トレードによりユベントス復帰が決まりました。

 

フィード力に加えてボヌッチの最大の魅力は、怪我をしない強靭な肉体。過去何年にも渡り大きな怪我をする事なく試合に出場し続け、そして安定したパフォーマンスを見せる事は、選手にとって‘’何にも代えがたい才能‘’と言っても過言ではありません。

今シーズンは相棒のキエッリーニが怪我により長期離脱を強いられている中で、ボヌッチの存在がデ・リフト、デミラル、そしてルガーニの成長を促している事は間違なく、この記事を書いている2019年11月20日時点で全試合フル出場を果たしている事からも、サッリ監督からの全幅の信頼を預かっていると言えます。

 

「悲願のチャンピオンズリーグ優勝」に向けて、決して欠かす事の出来ないパーツのひとりである事は間違いありません。キャプテン・ボヌッチの活躍に、大きく期待したいと思います!

 

 

まとめ

もう、「ミランに移籍したのに1年で戻って来る」、こんな人間くさいボヌッチが大好き(笑)。そして、復帰当初はそんなボヌッチに対して辛辣な声を挙げるファンがいたものの、今ではそれも昔話に。誰もこの‘’鉄人‘’の働きっぷりと、そしてキエッリーニが離脱した後のキャプテンシーを認めている事でしょう。

たまに気を抜くきらいはありますが(笑)、今では本当に頼りになるキャプテンとなったボヌッチ。ディフェンスのみならず、得意のロングフィード、そしてチームを鼓舞する姿に注目したいと思います!

 


こちらの記事の「選手紹介」欄に他の選手も含めてリンクを貼っております。

スポンサーリンク