【投票あり!】キエーザ、ザニオーロ、トナーリ…。ユベントスが獲得をチャレンジすべき若手選手は?

キエーザ、ザニオーロ、トナーリ…。ユベントスが獲得をチャレンジすべき若手選手は?

 

さてさて、まだシーズンが始まったばかりだと言うのに、早速ユベントスの周囲では『ユベントスは誰々の獲得に動き出している』だの、『パラティッチが誰々の視察に訪れたら』だの報道され、紙面を賑わせております。

と言う事で、移籍金が4000万ユーロだ1億ユーロだ言われようが、そんなの知らぬ存ぜぬを決め込んで、かなり早いですが『ユベントスが獲得すべき若手選手』を皆さんで決定して頂きたいと思います!

 

さぁさぁさぁ、寄ってらっしゃい見てラッシャー板前!

 


 

キエーザ

  • 名前:Federico Chiesa
  • 生年月日:1997年10月25日
  • 所属:フィオレンティーナ
  • ポジション:フォワード

まずは若手選手の中では編集長イチ押しのフェデリコ・キエーザ。お父さん顔負けのキレのあるドリブルからのシュートが持ち味のアタッカー。移籍金は8000万ユーロとも1億ユーロとも言われ、コミッソに言わせれば『Priceless』なんでしょうが、そうは言っても欲しいものは欲しい。いまのユーベにいないタイプだし、更にイタリア人だし、加入したら面白いと思うんだけどなー。

 

ザニオーロ

  • 名前:Nicolò Zaniolo
  • 生年月日:1999年7月2日
  • 所属:ローマ
  • ポジション:ミッドフィルダー

『若さでアタック!』な感じを残しつつもプレーは冷静に、すでにベテランの風格さえ漂うザニオーロ。前目であればどこでもこなせる起用さを持ち合わせ、そして決定力も抜群。『イタリア代表を背負って立つ、次世代のスター候補』と言っても過言ではないかもしれません。ただ、万が一にローマが出したとしても、ロマ速が出さないでしょうなー(笑)

 

トナーリ

  • 名前:Sandro Tonali
  • 生年月日:2000年5月8日
  • 所属:ブレシア
  • ポジション:ミッドフィルダー

ブレシアをセリエBからAに昇格させた立役者。世間ではその風貌から『ピルロ2世』とも呼ばれていますが、実際のプレースタイルはもう少し攻撃的であり、ユーベではないものの『カカ(元ミラン)とピルロを足して2で割った感じ』だと思います(そんなにブレシアの試合見てないけど)。何にしても‘’ピャニッチの次のレジスタ‘’としてユベントスが獲得に動く可能性は十分にあり。ちなみに、『EXITのりんたろー』に凄い似てると思うんだけど、これもやっぱりスルーですかね…。

 

ハーランド

  • 名前:Erling Braut Håland
  • 生年月日:2000年7月21日
  • 所属:ザルツブルグ
  • ポジション:フォワード

今シーズン、オーストリア・ブンデスリーガとチャンピオンズリーグでゴールを取りに取りまくっている「ノルウェーの新星」ですが、挙げたゴールは実に14試合で21得点。さすがにこの数字を目にした欧州のビッグクラブが放っておくわけもなく、ユベントスを始めレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に名乗りを挙げている、と言われています。ほとんどハイライトを見た程度ですが、194センチの長身から繰り出されるパス、シュートはどれをとってもダイナミックでありながら繊細さも持ち合わせており、今シーズンの大ブレイクにも納得のプレーを見せております。ただ、今のユーベにフィットするかと聞かれれば即答は出来ず、「もう少し時間を置いてからでもいいのかなー」と感じてはおりますが。

 

ハフェルツ

  • 名前:Kai Havertz
  • 生年月日:1999年6月11日
  • 所属:バイヤー・レバークーゼン
  • ポジション: ミッドフィルダー

「エジルの後継者」とも言われる、ドイツ代表にも名を連ねる攻撃的ミッドフィルダー。身長は188センチと大柄ながらも、そのプレーは弓矢のような‘’しなやかさ‘’を持ち合わせる。2016-17シーズンにレバークーゼンのトップチームに合流すると、ブンデスリーガの「最年少出場記録」と「最年少得点記録」を更新。残念ながら今シーズン、ユベントスと対戦した際には目立った活躍は見せられなかったものの、ドイツの将来を背負う逸材である事は間違いありません。

 

まとめ

つーーーことで、最後は「投票」で締めくくりますよ!

「ディフェンスの選手がいないじゃん!」と言うツッコミは抜きにして、投票ポチっとしてから月ユベから離脱して下さいませ。

 

ってことで

 

Let’s 投票!

スポンサーリンク