【キエッリーニは怪我を押してチームに帯同!】2019年9月10日のユベントス ニュース

2019年9月10日のユベントス ニュース

[Tutto Sport]右ひざ前十字靭帯損傷により長期離脱を余儀なくされたキエッリーニだが、術後の状況を見ながらではあるものの、今後はアウェイ戦も含めて出来る限りチームに帯同する意向である。

 

みんな分かってるよね。これがキエッリーニと言う男であり、これがユベントスのキャプテンであり、これこそが「漢の中の漢」なのである。この姿を見てもらっても分かる通り、決して「万全」ではなく普通に歩く事すらままならない状態の中で、チームを鼓舞する為だけに帯同する。これが出来る選手が世界に何人いるだろうか。

今シーズンは選手の放出に失敗した事でファンからは手厳しい声も挙がっているが、このキエッリーニの行動を見ていると「それがどうした」「そんなことにいつまでもこだわっているな」って言いたくなる。俺たちのキャプテンはいつでも前を向いている。そして俺たちはそんなキャプテンに付いていく。必ず、必ずキエッリーニをチャンピオンズリーグ決勝トーナメントの場に立たせてやるんだ!

 

Forza Capitano!

 


 

[Official]欧州選手権予選第6節に臨んだイタリア代表は、インモービレとジョルジーニョのゴールでフィンランド代表を2対1で下した。ユベントスから召集されたボヌッチはスタメンフル出場を果たし、ベルナルデスキは後半27分からキエーザに代わって出場した。

 

[Il Messaggero]今夏、マンチェスター・ユナイテッド、PSG、インテル、そしてユベントスが獲得に動いていたと言われる、ラツィオのミリンコビッチ=サビッチだが、チームは選手に対して年俸アップと少なくとも1億ユーロの違約金を盛り込んで契約更新を打診する予定である。

 

[Tutto Sport]バルザーリはフィレンツェに帯同する準備を進めており、サッリのスタッフの一員に名が加わる事になるだろう。

 

 

[Giovanni Capuano]ユベントスとJeppの間で結ばれている契約が更新され、現在の「1600万ユーロ+ボーナス」から「5000万ユーロ」に跳ね上がる事になる。

 

[Daily Star]ユベントスはレバークーゼンに所属するカイ・ハフェルツ(20)の獲得を視野に入れており、リバプールとの争奪戦になるだろう。

 

 

まとめ

実はレバークーゼンとCLのグループリーグが同組になった時に、「ハフェルツ」の名前は調べている中でボチボチ出ていて、そんで詳しく見ていくと「逸材」とか「新星」とか「エジルの後継者」とか出てきて、凄い選手だと分かりました(知らなかったのは編集長だけかな?)。2017-18は公式戦34試合で4得点に終わったものの、その才能が翌年に開花して、2018-19シーズンは42試合で20ゴール。下に動画貼っておくけど、スピードもあるし決定力もあるしヤバイ感じ(まぁダイジェストだからそう見えるんだろうけど)。こうなると気づいている人も多いかもだけど、「ロナウド」→「デ・リフト」の流れで‘’対戦した相手から引っこ抜いちゃう作戦‘’が発動されるかもしれないよね。でも、そうなると負ける事が前提になるけどね。まぁグループリーグでひとつ負けて良い選手が取れるならそれでもいいか。

 

 

いいわけあるかいっ!

 

ポジションはミッドフィルダーみたいだよ。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版