【決めたぜスクデット!】2018-19シーズン第33節 vs フィオレンティーナ戦 レビュー

2018-19シーズン第33節 vs フィオレンティーナ戦 レビュー

ユベントス 2-1 フィオレンティーナ

 


 

 

『343』

 

2018年5月13日に34回目のスクデットを達成してから343日後の2019年4月21日。

ユベントスは2018-19シーズンのスクデットを手に入れた。

 

 

昨シーズンと比べて実に5試合も早く

2位のナポリとは勝ち点差20を引き離し

言うなれば「早々と」今シーズンのスクデットを手に入れた。

 

 

 

今シーズン開幕前、クリスティアーノ・ロナウドと言う唯一無二のスーパー・スターを獲得したユベントスは、決して『順風満帆』に勝ち星を重ねた訳ではなく、そのロナウドでさえも開幕直後はゴールを奪う事ができずに、そしてチームも幾ばくかの迷いを見え隠れさせ、試行錯誤を繰り返しながら走っていたのは明らかだった。

それでもユベントスは勝ち続け、いつしか「勝つ事が当たり前」になり、そして引き分ける事があれば叩かれ、負ける事があれば一部のファンは戦犯探しに躍起になった。更にはこの成績を残しているにも関わらず、「アッレグリ解任」の話さえ浮上した。

 

 

どれほどの重圧だっただろうか。

引き分ける事さえ許されない環境は、選手に監督にどれだけのストレスを与えただろうか。

もはや想像を絶するものだったのではないだろうか。

 

 

 

 

だからこそ

 

だからこそ、今シーズンのスクデットを成し遂げた選手に、監督に、スタッフに大きな声でこの言葉を伝えたい

 

 

 

優勝おめでとう!

 

 

 

 

ボクが何よりも先に祝いたいのは2018-19シーズンのスクデットだ。

もちろんチームにとって37回目のスクデットであり、8連覇の大偉業だと言う事も分かっている。

しかし、先ずは8月19日に開幕したこの長い長い今シーズンを戦い抜いた選手たちを称えるべきであり、8連覇を成し遂げたユベントスと言うチームに賛辞を贈るのはその次で十分だと考えている。

 

少なくともバルザーリが引退を表明している以上、このメンバーでシーズンを戦う事はないのだ。

このメンバーとスクデットを祝う機会は、もう二度と訪れないのだ。

 

 

 

 

今シーズンもたくさんの勝利をありがとう。

 

今シーズンもたくさんの喜びをありがとう。

 

今シーズンもボクの人生を白と黒で彩ってくれてありがとう。

 

 

 

シーズン前に目標とした頂(いただき)には届かなかったけれど、それでも今シーズンのチームは大きな偉業を成し遂げた。

 

シーズン前に目標とした頂には届かなかったけれど、間違いなく今シーズンのチームはユベントスの誇りを胸に戦い抜いた。

 

シーズン前に目標とした頂には届かなかったけれど、やはり今シーズンのチームもユベントスだった。

 

 

 

感動をありがとう!

 

 

今シーズンも貴方たちとカルチョの旅を歩めて良かった。

今シーズンもユベントスに魂を預けて良かった。

 

偉大なるチームの一員でいられる事を誇りに感じている。

 

 

 

Fino Alla Fine!

 

 


 

編集部より

今シーズンのスクデットを決めたユベントス。その先に見据えるのは来シーズンの9連覇、コッパイタリア奪還、そしてチャンピオンズ・リーグ制覇!これから迎えるオフに備えて、みなさんの意見を聞きたく『お題目掲示板』を開設しました。編集長からのレスは基本的に付きませんが、みなさんの意見を知る機会になればと考えております。disりも晒しもありません。お気軽に投稿して、ユベントスへの想いを届けて下さい!