【公式戦10連勝をかけた戦い!】2018-19シーズン第8節 vs ウディネーゼ戦 プレビュー

2018年10月7日

2018-19シーズン第8節 vs ウディネーゼ戦 プレビュー

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)

 

2018-19シーズン公式戦9連勝中のユベントス。確かに特別な選手が加入した事による戦力アップは間違いありませんが、それだけで勝てるほどこの世界は甘くありません。既存選手のコンディションも含めて、幾つか好調の要因を挙げてみたいと思います。

 

新規選手獲得

とは言ってもまずはこれでしょう。ロナ王の加入はチームに大きな影響を与えている事は間違いありませんが、加えてポヌッチの加入は大きく、ディフェンス陣に安定感と攻撃における創造性を生み出していると思います。あとは慎吾ちゃん。昨シーズンは変化を付ける事が難しかった右サイドにおいて、今シーズンはアクセントつけまくってヒロシにして「世界最高のサイドバックになる可能性がある」と言わしめております。Jの方のナスも秋になるにつれナスっぽさが増してきましたし、昨シーズン足りなかった部分をバランスよく補強出来た事は大きかったです。

 

好調な選手

なんと言っても五郎スキーでしょう。プレマッチからハッスルハッスルしている姿を見せていましたが、まさかここまでやるとは思っていませんでしたし、このままで行けば今シーズン終了後には別格になる可能性さえあると考えております。あとは欠かせないのがロボの安定感。昨シーズンはオイル漏れが多発して重要な試合を休むことが多かったのですが、今シーズンはうまくターンオーバーを掛けながらまずは怪我無くシーズンを過ごせています。相変わらずパスの精度はあれですが、年齢を重ね円熟味を増した守備と薄毛っぷりは間違いなく世界トップクラスと言えるでしょう。

 

監督采配

ロナ王と言う特別な選手が加入しても、この変態の采配はブレません。覚えていませんし調べる気もありませんが、開幕9試合で何通りの布陣を敷いたでしょうか。そろそろ4-3-3システムで「右ウィング:慎吾、左ウィング:メンディ、真ん中:ナス大」と言うスタメンが見られるのではないかとワクワクしています(ナス大はセンターフォワードが本職です)。

 

その他の要因

余計な選手をポルトガルに島流しにしました。

 

 

 

では、掴みの部分も終わったのでスタメン予想に移ります。

 

<スタメン予想/4-3-1-2>

GK:コブタン
DF:慎吾、ポヌッチ、ロボ、メンディ
DMF:ナスJ、アゴイチ、松ちゃん
OMF:キュン
FW:布袋、ロナ王

 

GKはこの試合もコブタン確定。両サイドバックは右の慎吾はヤンボー戦も休んでいるので間違いなさそう。逆に左のメンディですがユッティが帯同メンバーに復帰したので、もしかしたらお恥ずかしながらのユッティが名を連ねる可能性があります。センターはポヌ・ロボで固そうです。中盤はナスJの所に五郎スキーを予想しているサイトもありますが、秋はナスの美味しい季節なのでナスJにしておきました。松ちゃんは当たり前のようにスタメン予想に入っているので、もしかしたら今シーズンはまずは松ちゃんからスタメンを決める「松ちゃん縛り」みたいなルールがあるのかもしれません。前線の3人に関してはヒロシが前日会見で「ディバラ、マンジュキッチ、ロナウドを3人同時起用するかは分からない」と言っているので、クアドラマンか五郎スキーが入る可能性もあり。ただ、いずれにしてもロナ王のスタメンは公言しています。ロナ王自身もヤンボー戦を休んでいますし、その試合でキュンがハットトリッキュンかました姿を目にしているので、このウディネ戦では『誰が本当の王様なのか』を見せつけたい気持ちも強いでしょう。

 

この試合が終わればインターナショナルウィークに入ります。ロナ王や布袋を始め、代表に帯同しない選手に関してはウディネーゼ戦でやり切って2週間のブレイクに入って欲しいと思います。

 

 

目指せ公式戦10連勝!

 

目指せユッティのベンチ入り!

 

目指せナスJのハットトリック!(離脱中のナス大に代わり)

 

 

 

Forza Juventus!

 

 

 

まとめ

お願いだからベンチ入りくらいして下さい…。