フィオレンティーナはアルトゥールについた買い取りオプションを行使しない事を決定!ユベントスは再度移籍先を…



 

【JuveFC.com】

アルトゥールは、フィオレンティーナでのローン契約が終了した後、サポーターに別れのメッセージを送りました。

2022/2023シーズンのリバプールでの不振な出場経験や活動の不足にもかかわらず、フィオレンティーナは今シーズンの初めに彼にチャンスを与えました。

ブラジル人選手はフィオレンティーナで好成績を残し、カンファレンスリーグの決勝戦に進出しましたが、チームは敗北しました。

 

 

ユベントスはアルトゥールを完全移籍させることを望んでおり、彼のフィオレンティーナとのローン契約には買取オプションの条項が含まれていました。

ユベントスはフィオレンティーナがこの条項を行使することを期待していましたが、それは実現しなかったため、ビアンコネリは彼の新しい移籍先を見つける必要があります。

アルトゥールは紫のクラブからの退団を確認し、Calciomercato.comに引用されたように、下記のメッセージをクラブとファンに対して残しました。

「私はこの街で生活し、この素晴らしいチームでプレーしてきたことに感謝します。私と私の家族はここで受けたすべての愛情に感謝しています。それはいつまでも心に残る思い出となります。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓