現地ジャーナリスト「コッパ決勝のメンタリティでプレーすれば、ユベントスはどんな目標も達成する事ができる」



 

【JuveFC.com】

ユベントスは昨夜のコッパ・イタリア決勝戦で、アタランタを相手に素晴らしいフォームを見せ、マックス・アッレグリ率いるチームがついにトロフィーを獲得しました。

彼らが最後にタイトルを手にしたのは、アンドレア・ピルロの指揮下で2021年のことであり、アッレグリはトロフィーを掲げないままに、今シーズンの終わりに去る可能性に直面していました。

しかしアッレグリの選手たちは、昨夜La Deaに対して決勝戦で勝つ方法を知っている、イタリアのトップチームであることを示しました。

 

 

ユーベのファンは過去数週間にチームが精彩を欠いている事に憤りを感じていましたが、昨夜のアタランタ戦でチームは素晴らしいパフォーマンスを披露し、試合開始直後にドゥシャン・ヴラホビッチが決めたゴールによってトロフィーを獲得しました。

マッシモ・パヴァンは彼らのパフォーマンスに満足し、「そのレベルを維持すればもっと勝つ事が出来たでしょう」と述べました。

TuttoJUVEの報道によれば、パヴァンは次のように続けています。

「私は今夜、アッレグリの子供たちがキャリアで一歩前進したと信じていますが、誰もが1試合では偉大になれないことを理解する必要があります。

今シーズンのユベントスはタイトル争いから脱落しましたが、数ヶ月前に正しいレールに戻っていれば、違った結果になったかもしれません。

直近の試合を振り返ってみると、15試合で15ポイントはユベントスのものではありませんが、それは過去のことです。未来を見つめ、3位を取り、来シーズンは昨日の試合で見せたメンタリティで他のトロフィーを獲得するために戦わなければなりません。

私たちは今夜のようなメンタリティでプレーすれば、システムやメンバーに関係なく、どんな目標も達成が可能です。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓