【伊杯アタランタ戦】アッレグリ 試合後コメント



 

【アッレグリ】

ユベントスが勝つと全てが平和になり、大地が再び静かになります。選手たちがよくやってくれて、ファンやクラブ、そして私自身に喜びをもたらしてくれたことをとても嬉しく思います。勝つことは決して簡単ではありませんが、それがユベントスの歴史なのです。

ジュントーリの事件?あれは何でもないんです。私はチームと一緒に祝っていただけで、何も言っていません。クラブに敬意を払っています。ここでは勝つことが重要です。他のことはどうでもいいのです。今シーズンの選手たちの努力を祝いたかっただけです。

 

 

もし私が来シーズンのユベントスの監督でなければ、勝利を収めたチームを去ることになります。もしそうなった場合、それはクラブが私を見限ったからです。

私の将来?それはクラブの選択です。私にとって、これは素晴らしい夜です。なぜなら、決勝でプレーすることは常に重要だからです。私は幸運にも、多くの決勝戦に参加することが出来ました。

ユベントスでの8年間?それは尊敬、行動、評価に関することです。私は現実的であり、この栄光あるクラブの歴史の一部であることを非常に誇りに思っています。彼らが私にトロフィーを獲得する機会を与えてくれた8年間に感謝するしかありません。明日からまた気持ちを切り替えて、勝利に向けて準備を始めます。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓