ユナイテッドがブレーメル獲得を試みるもユベントスの答えは「No」。逆にメイソン・グリーンウッドを…



 

【JuveFC.com】

マンチェスター・ユナイテッドは、数ヶ月にわたりグレイソン・ブレーメルの移籍に関連付けられており、シーズン終了後にユベントスがブラジル人センターバックを失う可能性も浮上しています。

ブレーメルはイタリアのトップリーグで最も存在感を示しているディフェンダーの1人であり、このブラジル人はどのクラブでもトップパフォーマンスを発揮する能力を持っています。

ユベントスは、元トリノの選手を中心にディフェンスラインを構築しようとしているため、彼に残ってほしいと考えています。

 

 

しかし、ユナイテッドも彼をチームに加えることに真剣な姿勢を見せており、ユベントスは夏にブレーメルを売却することを余儀なくされるかもしれません。

ユベントスはブレーメルの譲渡には首を縦に振らないものの、ユナイテッドが保有権を持つメイソン・グローンウッドの獲得は諦めていません。

TuttoJUVEの報告によると、ユベントスはグリーンウッドの獲得を目指して、サミュエル・イリングジュニアを交渉の一部に組み込む事を検討しています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓