ユベントスとの契約延長に至らぬラビオに対して、ドイツ王者のバイエルンが注目か!

 

【JuveFC.com】

アドリアン・ラビオの契約延長については、ユベントスにとって大きな懸念材料のひとつです。

フランス人ミッドフィールダーは新契約に応じず、現在もユベントスでプレーを続けています。

ラビオは夏に1年間の延長契約しか結んでおらず、今シーズン終了後に再びフリーエージェントとなります。

ユベントスはラビオがチームにとって重要な存在であるため、彼を長期的に確保したいと考えています。

しかし、ラビオは現時点で将来についての議論に積極的でなく、オンフィールドでのパフォーマンスに焦点を当てることを好んでいます。

ラビオは他の選択肢を探求したいという意思を示唆しているかもしれません。特にバイエルン・ミュンヘンはミッドフィールダーの補強が必要であり、ラビオを今夏の移籍ウィンドウのターゲットとして確認しています。

ilBianconeroの報道によれば、バイエルン・ミュンヘンはラビオをトーマス・トゥヘルのチームを強化する適切な補強と見なし、夏に彼のサインを追求する準備が整っています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ここに来て、バルサだのバイエルンだのが獲得に名乗りを挙げていると言われるラビちゃん。

現時点では自身の去就については何も語っておりませんが、しかしそれは昨シーズンと全く同じ流れ。

恐らくラビちゃんの価値観というか、スタンスというか、ラビ代の年俸釣り上げ作戦というか、なんちゅーか本中華分かりませんが、兎にも角にも現時点でラビちゃん関連で届く情報は、ラビちゃんの意思に関するものはなく、「ラビオを獲得したい」という各チームの願望を取り上げただけのものになります。

 

 

ユベントスはラビちゃんとの契約更新について勝負は今シーズン終了後になりますが、例えバイエルンが獲得に乗り出したところで、マグナム度合いでいえば明らかにトゥヘルよりヒロシの方が強度は高いはずですので、譲ることはないと思います。

バイエルンの監督がガッドゥーゾとかじゃなくて助かりました。

なにが助かったのかは知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...