【Goal Italia】フィオレンティーナ戦 採点

 

  • 7.0:スチェスニー、ブレーメル、ルガーニ、マッケニー、ミレッティ
  • 6.5:ロカテッリ、ラビオ、ミリク
  • 6.0:ガッティ、カンビアーゾ、コスティッチ、キーン、ヴラホヴィッチ
  • 5.5:キエーザ

 

 

 

 

 

 

チーム最高の7.0に5人並んだ中から、まずはトップチーム初ゴールを挙げたタカシ。

「卒業するのはゴールが先か、あっちの方が先か」と言った論争が起こっていましたが、やはりゴールが先となりました。

昨シーズンからなかなかゴールネットを揺らすことができず、更に童貞のレッテルを貼られていた彼氏ですが、この大事な一戦で貴重な決勝ゴールを記録。

残すはあっちの方だけですが、これは年単位で時間が掛かると思いますので、こちらとしても焦らずに待ちの姿勢を保ち続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

同じ7.0からもう1人、揉太郎。

これで今シーズン、揉太郎がスタメン出場した全4試合でクリーンシートを記録し、しかも1-0で勝利。

もはや「困った時の揉太郎」を超える「普通の揉太郎」とも呼べる存在となりつつありますが、でも「普通の揉太郎」ってどんな揉太郎なんですかね。むしろ普通の揉太郎の方が怖い気がしますけどね。知らんけど。

 

 

 

チーム最低は5.5のキー坊。

途中交代するまでのタッチ回数はわずかに10回ということでストレスも溜まったでしょうが、アケミチャンのお店でタッチしまくって、うまく解消して頂きたいと存じます。

 

 

 

 

まとめ

タカシのゴールの後、80分間に渡り守備練習を見せられた訳ですが、もし滝川第二の中西くんがユベンティーニだったら、「ユベントス半端ないって~!もぉ~…アイツラ半端ないって!!ファンのことを無視して、1点取った後は攻撃する気を一切見せないもん!!そんなんできひんやん普通…」って言っていたに違いありません。

まぁ、もともと監督が普通じゃないですからね。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...