エラス・ヴェローナ戦のゴールで評価が高まるカンビアーゾ、代理人が契約更新について言及。「ユベントスのユニフォームを着てプレーする意義を理解していれば…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

アンドレア・カンビアーゾは、ユベントスの選手として充実した時間を過ごしており、彼が新しい契約に署名する可能性についての議論が行われています。

ユベントスは2022年夏にカンビアーゾをスカッドに加え、彼は最後のシーズンをボローニャへローン移籍し、選手としての成長を続けました。

その後、カンビアーゾはユベントスに戻り、チームの中でも優れたメンバーの1人となっています。

カンビアーゾのパフォーマンスが新しい契約の話を呼び起こしていますが、彼が最初に交わした契約からまだ2年目であることに注意する必要はあります。

そのため、現時点で契約の更新プロセスを急ぐ必要には迫られておらず、彼の代理人であるジョヴァンニ・ビアは新しい契約が間近に迫っているかどうかについて尋ねられ、次のように述べました。

「彼には長期契約があり、彼の能力を証明するためにはもっとプレーするところを見せなければなりません。その後、ユベントスが彼らの意向を伝えるために私たちに連絡をしてくるでしょうが、今は全くそれについて考えていません。ただし、このユニフォームを着てプレーする意義を意識していれば、契約更新の話は自然に進行するはずです。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

エラス・ヴェローナ戦でのゴールにより、一気にズルムケ感が漂ってきたイソップ。

実際にはまだまだ被っている童貞ボーイであることは間違いないものの、現在23歳という年齢と将来性を鑑みれば、2027年6月に満了となる契約について更新の話が挙がっても不思議ではない状況。

ユベントスとしても、じっくりコトコトと育てて、そして良いタイミングで契約延長を打診したいと準備しているに違いありません。

とはいえ、何にしても今シーズン。

まだ1ゴールを決めただけ。

脱衣麻雀で1枚、また1枚と脱がしていくように、ユベントスでも1歩ずつ1歩ずつ、実績を積み重ねて行って頂きたいと存じます。 なんの話やねん。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...