サッスオーロ戦敗戦のアッレグリ「ガッティのオウンゴールは勝敗に影響を及ぼしていない。しかし彼は冷静さを…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

昨夜のサッスオーロ戦でユベントスはフェデリコ・ガッティの不運なオウンゴールで4-2と敗れましたが、マックス・アッレグリ監督はオウンゴールが試合結果に大きな影響を与えなかったと主張しています。

試合を通してサッスオーロは3度のリードを保ち、ユベントスは3-3の引き分けを確保してこの試合から勝ち点1を奪おうと懸命に努力しました。

残念なことに、彼らの努力はガッティのコミカルなオウンゴールによって妨げられました。

ガッティは最小限のプレッシャーの中で不可解にもボールを自陣のネットにパスしました。

ガッティは負傷により数週間の離脱が見込まれるアレックス・サンドロの代役候補と目されていますが、サッスオーロ戦のパフォーマンスは期待を下回ることになりました。

一部のファンは、ガッティの終盤のオウンゴールがなければユベントスは3-3の引き分けで試合を終えられたのではないかと主張していますが、アッレグリ監督はオウンゴールはそこまで大きな影響はなかったとコメントし、イタリア人ディフェンダーを批判から守ることを選択しました。

Football Italiaが引用したように、監督はこう語りました。

「今日の試合で彼はミスを犯しましたが、キャリアの中でさらに多くのことを成し遂げるでしょう。」

「しかしガッティはユベントスで30試合に出場しています。彼は冷静でいなければなりません。ミスは見るのも苦しいものでしたが、結果には影響を及ぼしていません。私たちは静かに、インテルと並び無敗をキープしているレッチェ戦に向けて努力しなければなりません。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

実は編集長も全く同じ感想でして、ガッツさんのタイガーショットが決まったのが後半ロスタイムも5分が過ぎた頃で、あれが決まっていなくても結果は変わらなかったと思います。実際にあの時間帯の攻撃は「前に蹴ってアラレがGo!」って感じで、得点の匂いはしなかったので。

確かにオウンゴール自体がコミカルなものだったので取り沙汰されていますが、流れの中だろうがPKだろうがコブタンとガッツさんの茶番劇だろうが、1失点は1失点であり、そして結果としてはあの失点で試合が決まった訳ではなし。

編集長としては「ネタを有難さん」でございます。

ガッツさんにおかれまして、恥ずかしい思いもしたし、そして責任も感じているかと思いますが、次のレッチェ戦に向けて気持ちを切り替えて頂ければ幸いです。

 

 

たくさんのイイネを頂いたので、みんな楽しんでいるんだと思います。そんなもんです。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...