【Goal Italia】サッスオーロ戦 採点

 

  • 7.0:キエーザ
  • 6.5:ファジョーリ
  • 6.0:マッケニー
  • 5.5:イリング
  • 5.0:ウェア、ミレッティ、ヴラホヴィッチ
  • 4.5:ブレーメル、ダニーロ、コスティッチ
  • 4.0:スチェスニー、ロカテッリ、ラビオ
  • 3.0:ガッティ
  • s.v.:ミリク、キーン

 

 

 

 

 

チーム最高は、一時は貴重な同点弾となるゴールを決めたキー坊の7.0。

それ以外でも主に左サイドに流れて効果的な仕掛けを見せていましたが、キー坊は左に流れるきらいがあるので、もしかしたら『左曲がりのダンディ』なのかもしれませんね。

左曲がりのダンディ』が何のことか分からない毒者がいれば、各自お調べ下さい。今後、生きていく上で必要な情報になると思いますので。ならんけど。

 

 

 

次点の6.5は、キー坊のアシストを決めたファジョリー。

この試合に関して言えば、ライン間でボールを受けることを得意とするタカシよりは、中盤で試合を作ることのできるファジョリーの方が効いていたかもしれません。

ちなみに昨シーズン、月ユベではいまいち存在感を示せなかったファジョリーについて、当初は「むっつりキャラ」で育てようと考えていたのですが、ちょっとその設定だと活かせる自信もなかったので、「キザキャラ」で行こうかと思っています。

もしかしたら近日中に愛称が「狩野英孝」か「花輪くん」に代わるかもしれません。予めご了承下さい。

 

 

チーム最低の3.0は、最後に今シーズン初ゴールを決めたガッツさん。

よくシュートに関しては「ゴールにパスを出すイメージで」なんて言われますが、まさにそれを体現してくれました。

もともとはボランチの選手でビルドアップには定評がありましたし、これでシュートまで決められるようになれば、ひとつ上のセンターバックになること間違いありません!

 

 

 

なるかいっ!

 

 

 

 

 

まとめ

こういう負け方をすると、途端にアンチコメントが増えてきますが、取りあえずユベントスにアンチコメントを飛ばしてもいいので、月ユベには飛ばさないで下さい。

って優香、長いシーズンにおいて1回負けたくらいオッパイですよ、オッパイ。

 

ヒロシ:ナイスおっぱい。

 

 

 

ヒロシ:ドンマイおっぱい。

 

 

 

ヒロシ:こんにちは、オッパイです。

 

 

 

取りあえず「パイは地球を救う」ってことで、笑って過ごした方がいいと思います。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...