【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】ベラルディのユベントス移籍に一歩前進!サッスオーロは後任アタッカーに目星を付けた



 

 

 

 

【JuveFC.com】

サッスオーロがアタッカーの補強に目処がついたため、ドメニコ・ベラルディ獲得に向けたユベントスの計画は前進することになりました。

サッスオーロにおけるベラルディの一貫した一流のパフォーマンスは、長年にわたってセリエAの最高のアタッカーの一人としての地位を確固たるものにしました。

彼の傑出したパフォーマンスはユーロ2020でのイタリアの勝利に極めて貢献しており、リーグで最も過小評価されている才能の一人とも言われています。

ユーベはアタッカーを補強したいと考えており、この夏にベラルディを獲得することを目標として、彼を確保するための揺るぎない努力を示しています。

ビアンコネリの追求はCalciomercato.comの最近の報道で勢いを増しており、サッスオーロがベラルディの後任としてボローニャのリッカルド・オルソリーニを指名したことを明らかにしました。

サッスオーロはベテラン選手と別れる可能性に前向きなようで、適切な後任としてボローニャからオルソリーニを連れてくる意欲を示しており、それによってチーム構築計画を前進させています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ここに来て一気に加速してきた感のある、ユベントスのベラルディ獲得話。

編集長的には渋くてめちゃ好きな選手なのですが、さて加入が決まった場合は、どこのポジションでどうやって起用するのか。

少なくとも現在の基礎となっている3-5-2には、ベラルディが活きる場所は見えて来ず、強いて言うならば「キー坊とローテーションの上でツートップの一角」でしょうか。

あとは「システムを3-4-3や4-3-3に振り切るか」ですが、この開幕直前のタイミングで変更するのは少なからずリスクあり。

まぁ、ヒロシのことなので「そんなの関係ねぇ(by よしお)」とばかりに、開幕戦で3トップをかます可能性も否めませんが。

なんにしても獲得したあとに、「起用場所がなくて、ダメニコ・ベラルディ」にならないことを願うばかりであります。

えぇ、ドミニコ・ベラルディがダメニコ・ベラルディです。

編集長としても、苦肉のオチです。