【ニュース・ヘッドライン】
(SKY)ユベントスはアドリアン・ラビオとの契約を更新する準備ができている。しかし、多くは今シーズンの結果、特に来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の有無に左右されるだろう。
(編集長ミツ)不正してでも4位以内に入って下さい。ただし、バレないようにヨロ。




【Majiニュース】ユベントスはベラルディと個人合意に達した!交渉には若手選手を組み込み…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ここ数日、ユベントスはサッスオーロのアイコンである、ドメニコ・ベラルディへの関心を再燃させています。

La Gazzetta dello Sportによると、ユベントスとベラルディはすでに大筋合意に達しているということです。

伝えられるところによると、両者は4年契約で合意しており、同選手の代理人は現在移籍を推し進めています。

同関係者の説明によると、ユベントスのテクニカルディレクター、クリスティアーノ・ジュントーリが最前線で交渉を行っていますが、マックス・アッレグリ監督は既に水面下で祝福を伝えているとのことです。

さらにCorriere dello Sportは、サッスオーロがアドオンを含む価格を3500万ユーロに設定したことを明らかにしました。

レポートが説明しているように、ベラルディはキャリアの初めからネロヴェルディのユニフォームに袖を通しており、サッスオーロの象徴となる選手と言えます。

したがって、エミリアンズは伝説のウインガーを安易に手放すつもりはありません。

しかし、サッスオーロは双方が満足する形で交渉することに前向きであり、彼らは買取義務付きのローンを喜んで受け入れる可能性があります。

さらにこの金額には、現金のみのやり取りではなく、交換選手が含まれるかもしれません。

すでに報告されているように、ビアンコネリはコストを下げるために、若い宝石の1人を交代要員として組み込もうと考えています。

ネロヴェルディはマティアス・スーレよりもサミュエル・イリング・ジュニオールを好むと伝えられています。

ベラルディは29歳で、サッスオーロとの契約は2027年まで残っています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

すでに現地では、ベラルディをスリートップの右に配置した3-4-3システムが紹介されていますが、そこに記されている「ベラルディ、ヴラホヴィッチ、キエーザ」のトリデンテは、強烈っちゃー強烈であり、ユベンティーノとしても純粋に見てみたい気もします。

そして編集長的にもベラルディは推しメンでありまして、年間で20点、30点を取る選手ではないものの、代表でも見せる高い基礎スキルと、気の利いたプレーは、まさに今シーズンのユベントスにうってつけの存在。

3500万ユーロはちと高額ではありますが、ベラルディ加入となればスカッドが一気に引き締まることは明らか。淡く切なく期待を寄せております。

まぁ、あとはチョーさんやカーくんが交代要員として組み込まれるとかなんとかについては、「ジュンちゃん、その辺は上手くバランスとってね。ヨロチクビ」って感じで、とりあえず知らんぷりをして、ことの成り行きを見届けたいと思います。



(記事終わり)


ユベントスのボヌッチ放出の判断は...

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...