【Miniニュース】元ユーベ選手がヴラホヴィッチとルカクの違いを明言「両選手に関してイタリアでの経験という点では…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

元ユベントスのアタッカー、ロベルト・ボニンセーニャが、ロメル・ルカクとドゥシャン・ヴラホヴィッチの違いに焦点を当て、両選手を巻き込む交換トレードの可能性について意見を口にしました。

昨年初めからユベントスに在籍しているヴラホヴィッチは、フィオレンティーナでの印象的なパフォーマンスに比べると期待に応えられていません。

セルビア人アタッカーは以前、移籍市場の早い段階でパリ・サンジェルマンとバイエルン・ミュンヘンへの移籍が噂されていました。

しかし、それらの契約は実現せず、ユベントスはルカクとのスワップ契約の一環としてチェルシーにオファーを出しました。

ボニンセーニャは、ルカクがイタリアサッカーでの経験という点でブラホヴィッチより明らかに有利であることを強調しています。

ルカクは、タイトルを獲得した2021年のシーズン中、インテルで傑出した活躍を見せ、セリエAでの有効性を証明しました。

ユベントスは、ルカクの経験とイタリアリーグでのこれまでの成功により、ヴラホヴィッチよりもチームに影響力のある選手になると信じています。

ilBianconeroが引用したように、ボニンセーニャは次のように述べています。

「彼らは二人ともフロントストライカーで、セルビア人選手は左利きで、ベルギー人選手はターゲットマンとして、チームのためにプレーすることができます。

ブラホヴィッチは素晴らしい選手で、ピッチ上で見せるプレー対してアッレグリ監督も彼に満足するでしょう。しかし、もし彼が移籍市場に出されているのであれば、彼が監督から完全な信頼を得ていないことを意味します。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

キンタとルカクの両選手について、とりあえずキンタについては「大冒険しそうなタイプ」で、ルカクについては「土俵の上でハッケヨイしそうなタイプ」で間違いなし。

ただ、どっちが上とか下とか、キンとかタマとか、横綱とか前頭十七枚目とかは関係なく、監督の好みだではないかと。

キンタ残留でも、キンタとルカクの共存でも、どさくさ紛れにポヌオまで残ったとしても、何にしても開幕までにはこの騒動が収まることを願う次第であります。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...