【Majiニュース】ザニオーロ獲得に向けてユベントスは動くことができず。その間に他チームが…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ニコロ・ザニオーロはユベントスの長期的なターゲットであり、今夏ついにトリノのクラブに加入する可能性があるようです。

イタリア人ミッドフィールダーは現在トルコのガラタサライでプレーしていますが、ユベントスのユニフォームを着たいという願望を公然と表明しています。

しかし、ユベントスのこの期間の移籍活動は財政上の制約により制限されており、新たな契約を結ぶ前に一部の選手を放出する必要があります。

その結果、彼らはまだザニオーロ獲得に動くことができず、他のクラブが彼を追いかける機会を残しています。

Tuttomercatowebの報道によると、アストン・ヴィラ、バイヤー・レバークーゼン、バルセロナがアズーリのスター選手に注目しているようです。

これらのクラブはザニオーロのこれまでのパフォーマンスに感銘を受けており、彼がチームに貴重な追加選手になると信じています。

ユベントスが選手獲得に向けた課題に直面している中、これら他クラブからの関心によりザニオーロはいずれかのクラブへの移籍につながり、キャリアに新たなチャンスが開かれる可能性があります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ティモシー・ウェアの加入により、サイドが活性化されたように見えるものの、実際にはクアマンとラーメン師匠が抜けて、加えてユッティがいつものやつで離脱して。枚数でいえば圧倒的に足りない状況。

そんな中で夏のマーケットで噂に挙がるザニオーロに関して、編集長的には「獲れるなら、獲ってしまおう、ザニオーロ」でございます。

ザニオーロ自身もユベンティーニであることを公言していますし、ご存知の通りセリエでの経験も豊富。更に年齢も24歳と若く、確かに「怪我がち」、そして「パーティしがち」という不安要素はあるものの、ここ直近の様子を見る限りでは問題はなし。

サイドの補強に向けてユベントスが獲得に動き出すこと、そして加入が決まった後には、アラレと一緒に練習に遅刻してヒロシに激キレられることを期待したいと思います。



(記事終わり)


ヴラホビッチの働きには満足?それとも不満?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...