【Majiニュース】ノイヤーを怪我で欠くバイエルン、ユベントスの正GKスチェスニーに注目か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

移籍市場では数多くの騒動が同時に巻き起こっており、ヴォイチェフ・シュチェスニーの将来はやや見落とされています。

ポーランド代表GKは最近、契約満了日を2025年に延期する自動契約更新を発動しました。

しかし出回った報告書により、同選手の将来について再び議論が巻き起こっています。

La Repubblicaによれば、バイエルン・ミュンヘンがシュチェスニーへのオファーを準備している可能性があるということです。

ヤン・ゾマーのインテルへの移籍話が進んでおり、バイエルンはマヌエル・ノイアーが負傷から回復するまでの間、その穴を埋める新たなゴールキーパーを探しています。

ユベントスのクリスティアーノ・ジュントーリがプレシーズンツアーから早々に帰国しました。

同情報筋は、バイエルンがテクに関心を示していると報じられていることが、元ナポリのスポーツディレクターの早期帰国を促した主な理由の一つであると主張しています。

レポートが説明しているように、ジュントーリはブンデスリーガ王者がポーランド人守護神に具体的なオファーを届けるのか、そしてそれがビアンコネリにとって検討するほど魅力的なものかどうかを知りたいと考えています。

シュチェスニーは2017年からユベントスのチームの一員です。

当初はジャンルイジ・ブッフォンのバックアップとして加入し、その後2018年にイタリア人GKが退団した後、1stキーパーの役割を引き継ぎました。

ビアンコネリにはマッティア・ペリンという信頼できる代役もいますが、シュチェスニーが退団した場合には確実に新たなゴールキーパーを獲得しなければならないでしょう。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

オナナがユナイテッドに移籍したので、何気にムーディにインテル移籍の話も出ていて、ユベントスのGK陣がちょっと揺れてる感じはあります(レジェンドのピンちゃん除く)。

そんで今回はコブタンの名前が挙がった訳ですが、まー、無いっしょ。

って優香、バイエルンへの移籍はあるかもしれませんが、それが「ノイヤーが復帰するまで」となれば、可能性は0%と言い切ることができます。

万が一にもバイエルンがそれを考えて、そしてコブタンに話が届いたとしても「ノイヤーが戻るまでの繋ぎだなんて、Noイヤー」って答えるに違いありません。

もしかしたら「ノ嫌ー」かもしれませんが。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...