【Majiニュース】ユベントス、キエーザとの契約延長を検討か!しかし、引き続き移籍の可能性は…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

この夏、ユベントスの選手たちは皆、代償を背負っています。

これは経営陣が多数のスター選手を放出することを必ずしも意味するものではありませんが、現在の財政難の中、クラブは魅力的な入札を拒否するわけにはいきません。

この点においては、フェデリコ・キエーザも例外ではありません。

25歳の彼は、2020年にフィオレンティーナから移籍して以来、アリアンツ・スタジアムでファンの人気者となっています。

しかしユーロ2020優勝者は、マックス・アッレグリ監督の3-5-2フォーメーションに対処するのに苦労しています。

彼の好む役割は、依然として攻撃トリオのウインガーです。

そのため、Corriere dello Sportによれば、ユベントスは5000万ユーロを超える価格でキエーザを売却することに前向きだということです。

関係者が説明したように、リヴァプールやニューカッスル・ユナイテッドなどは、同選手の獲得に興味を示していると報じられているにもかかわらず、まだ具体的な入札は行っていません。

その間、ビアンコネリはウインガーとの契約を2025年以降も延長することで利益を守ろうとしています。

契約を延長することは、同選手がクラブに残ることになった場合でも、クラブが将来の交渉で影響力を維持するのに役立つことになります。

しかし、たとえキエーザが契約更新にサインしたとしても、この夏に退団する可能性が完全に排除されるわけではありません。

一方、Il Mattinoの新しい報道では、代理人がナポリにキエーザを売り込んでいると主張しています。

それにもかかわらずパルテノペイのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、クラブにとって獲得費用が高すぎると考え、提案を拒否したと伝えられています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

確かに3-5-2のウィングバックだとキー坊の良さが出しきれない部分がありますが、一説では「今シーズンはツートップの一角で起用されるのではないか」との噂もあり。

まぁ、ヒロシはヒロシなりに考えているんじゃないでしょうか。

キー坊にしてみても昨シーズンの起用法など不満は残っていると思いますが、今シーズンはチームにとっても、そしてキー坊自身にとっても勝負の一年であることは間違いなし。

ぜひ、下記のようなゴールに鬼気迫る姿を、そしてゴールを決めて喚起する顔を見せて欲しいと願います。

 

 

 

 

 

 

間違えました。

使おうと思っていた画像はこちら(↓)です。

 

 

 

 

システムの不具合により、誤った画像が掲載されてしまいました。

謹んで訂正、お詫び申し上げます。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...