【Miniニュース】ラツィオ会長ロティート「ユベントスの選手を獲得する機会はあった、しかし我々の判断は…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

現在の移籍市場において、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は、クラブがレオナルド・ボヌッチとフアン・クアドラードを獲得する機会を断ったことを明らかにしました。

この決定は、クラブがチームを強化するために質の高い選手を獲得することに引き続き焦点を当てているために下されました。

フアン・クアドラードは最近フリーエージェントとしてユベントスを去り、その数週間後にインテルに加入しました。

一方、レオナルド・ボヌッチはユベントスから、クラブがアリアンツ・スタジアムで新たな時代に向けて準備を進めているため、新しいチームを探すべきだと通告を受けています。

それにもかかわらず、イタリア人センターバックはトルコとサウジアラビアのクラブから届いたオファーを断っています。

ボヌッチは元監督マウリツィオ・サッリとの再会を望んでいるものの、ラツィオはボヌッチとの契約には興味を示しませんでした。

ロティートはTuttomercatowebを通じて次のように語りました。

「パレデス、クアドラード、ボヌッチは全員ラツィオに来たがっていましたが、我々はノーと答えました。

なぜなら、ビッグネームはスポーツの結果に比例しないからです。移籍市場は頭脳で行われなければなりません。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ロティートに対して、ひと言だけ物申させて下さい。

 

 

 

 

「ポヌオはビッグネームじゃないし、そもそもこっちから願い下げだぜベイベー!」

 

 

 

 

現場からは以上です。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...