【Majiニュース】アタッカー補強で揺れるユベントス、ヴラホヴィッチ放出前にルカク獲得を決定か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスはドゥシャン・ヴラホヴィッチを売却する前に、チェルシーからロメル・ルカクの獲得に積極的に動いていると報じられています。

ビアンコネリは才能あるチェルシーのストライカーを逃すことを避けたいと考えており、ヴラホヴィッチを放出する前からルカクに契約する意向を確認しています。

PSGなどのクラブからの関心を集めているブラホヴィッチは、この移籍市場でユベントスを離れることが予想されています。

クラブは適切なオファーを受け取ればセルビア人フォワードを売却する意向です。

ルカクを逃さないようにするため、ユベントスはチェルシーと同選手の双方と交渉を行ってきましたが、そのことがインテルとの間で緊張を引き起こしており、ミラノのクラブはその後、ルカク獲得レースから撤退しました。

ルカクはチェルシーの来シーズンの計画から外されており、ユベントスへの加入を熱望していますが、現時点では、ドゥシャン・ヴラホヴィッチはまだビアコネリに残っています。

しかしFootball Italiaの報道によると、ユベントスはヴラホヴィッチをまだ売却していなくても、ルカクをチームに加える準備ができていると伝えられています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

今回の報道にある通り、「とりあえずルカクの獲得を決めて、その後にヴラホビッチ放出を試みたけど失敗。それにより、新シーズンはルカクもヴラホビッチもユベントスでプレー」ってことになればサイコーだと思っていますし、そんな茶番を起こすのがユベントス。

実際にルカキンタのコンビはかなり威力があると思うので、経済的な面は一旦棚に置いたとして、このツートップを見たいと願うところです。

お金については、これまで通り会計をちょこちょこって操作すれば何とかなるっしょ。

 

 

 

なるかいっ! 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...