【Majiニュース】戦力外通告を受けたボヌッチに残された選択肢は?トルコ、ラツィオ、ローマ、そしてユベントス残留も…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

レオナルド・ボヌッチにとって残念なことに、現在の彼は望ましくない状況に陥っています。

クラブは夏の移籍市場が終わる前に、ベテランを放出することを決定しました。

経営陣はクラブキャプテンに対して、彼がマックス・アッレグリのプロジェクトの一員ではなくなったことを明らかにしています。

では、36歳の彼にはどのような選択肢があるのでしょうか。

TuttoSportによると、ボヌッチはイスタンブールの2大強豪である、フェネルバフチェとガラタサライから具体的なオファーを受けたということです。

この情報筋の説明によると、ヨーロッパのトップスターの何人かはトルコでプレーすることを選んでおり、それは彼らが十分な賃金を受け取りながら、ヨーロッパのサッカー界に残ることができるからだと考えられています。

したがって、ボスポラス海峡のどちら側に着くことになる可能性もあり、来シーズンのインターコンチネンタルダービーで、このディフェンダーがフューチャーされるかもしれません。

しかし、ボヌッチはイタリアに残ることを望んでいると伝えられており、最近のニュース報道では彼とラツィオを結び付けています。

しかし関係者は、ビアンコチェレスティが同選手との交渉を開始していないと主張しています。

さらに興味深いことに、クロスタウンのライバルであるローマも参戦する可能性があるようです。

最後に、ボヌッチは自分の願望を簡単に諦めない男なので、逆境をものともせずにユベントスに残る道を切り開こうとするかもしれません。

しかしレポートが説明しているように、ボヌッチに残された時間は限られており、ディフェンダーにとってこのコースは依然として危険を伴っており、シーズン全体をベンチで過ごす余裕はありません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ルートコのチームがどれだけの条件を提示してくるかは分かりませんし、もしかしたら坊主のポジションを約束してくるかもしれません。

それでも編集長は、ポヌッチがユベントスに残留してくれると信じています。

 

 

 

ユベントスでキャリアを重ね

 

ユベントスで成長を果たし

 

ユベントスで数多くのタイトルを手にし

 

ユベントスを愛し

 

たまにミランも愛し

 

でもユベントスに戻って来て

 

ユベンティーニに愛された男

 

 

 

レオナルド・ポヌッチは自分のために、そしてチームのために、例え惨めな思いをしようが残ってくれるはずです。

 

 

 

Come on ポヌッチ! 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...