【Miniニュース】ヴラホヴィッチはPSG移籍を熱望しており、ユベントスはルカクとの合意を取り付けている。

 

 

 

 

【JuveFC.com】

TuttoJUVEによると、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍の可能性が報じられる中、ドゥシャン・ヴラホヴィッチは現在クラブを離れることを熱望しているということです。

フランスのクラブは、今夏の移籍期間中か来シーズンの終わりにキリアン・エムバペを失うことを覚悟しています。

ヴラホヴィッチは昨年ユベントスが長期投資として獲得しましたが、状況は変わり、現在クラブは彼の退団を真剣に検討しており、すでに彼の後任としてロメル・ルカクとの合意を取り付けています。

セルビア人ストライカーはユベントスに忠実であり、ユベントスが夢のクラブであると公言し、アーセナルを含む他のクラブからの誘いを断り、ビアンコネリの一員となりました。

しかし、PSGとの交渉を経て、ヴラホヴィッチはパリへの移籍を希望していると伝えられています。

PSGは現在、ユベントスにオファーを出す前に、エムバペの後任は誰が最適かを考慮し、いくつかの選択肢を並べています。

クラブ間の交渉と話し合いが続いているため、状況は依然として不確実であります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

【編集長ミツひと言】

もしかしたら数日のうちに「キンタのPSG移籍に待ったなし!」、それはすなわち「キンタマったなし!」になるかもしれませんが、いくらキンタがユベントスを好んでくれたとしても、こればかりは仕方ない。人間だもの。



(記事終わり)


ヴラホビッチの働きには満足?それとも不満?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...